« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月28日 (水)

近代は病である

 近代日本がアジア諸国に惨禍をもたらし、アメリカとの戦争へと至った原因は、幕末の屈辱的開国であった。
 司馬遼太郎曰く、「日本は港(股)を開かさせられた」ことや、欧米のそうした侵略に媚び、それを嘲られた鹿鳴館外交の屈辱を、同じアジア人に投影するために侵略した。

 やがてそれが欧米のアジア支配の方針とぶつかり、日本が「テロ国家」として抑圧されたことから、それまでの欧米への屈辱感が爆発したのが、大和魂を標榜しながら人命と人権の浪費に終始した、あの戦時体制であった。

 一方、欧米諸国はこの時代、覇権主義に取り憑かれ、アジアやアフリカ諸国を植民地化し、その住民たちを家畜扱いしていた。

 では何故欧米は、始めから対等に扱うつもりのない日本を、敢えて近代化したのか?

 日本の植民地としての価値は低かった。
 国土が狭く資源に乏しく、島国のため台風その他の自然環境がネックとなった。
 しかもその後ろにはロシアが控え、さらに中国や朝鮮半島への覇権に燃えるイギリスやフランスも、日本を狙っていた。
 安易に占領を図れば、列強間に緊張が高まる危険性もあった。

 アメリカが日本開国を焦った理由としては、列強諸国に対して先手を打つ意味もあった。
 そして日本を本格的に占領せず、列強諸国にも同様の不平等条約を結ぶ余地を残したことは、それらの国々との緊張を緩和する意味もあった。

 しかしながら、日本を中途半端に占領した列強は、日本を単なる搾取対象ではなく、むしろ近代国家の中に引きずり込み、「文明が板につかない猿」として、その最下層に位置づけた。

 そうした列強の対日方針は、宗教心があまり強くないとされるオランダが、日本の近代化を焦ることなく、出島貿易につき合っていたのとは対照的だ。
 であるならば、列強が日本を近代化した動機は、キリスト教がもたらした分裂症、そして近代化自体が屈辱的なものだという、潜在意識であったといえる。

 キリスト教が科学の発展を促したのは、神の領域である知識を手に入れることで、人間が神に成り代わる欲求があったからだ。
 言い換えるなら神を、神の不在を確かめる欲求が、科学であった。
 しかしながら、ダーウィンの「進化論」は、かつて人間が発狂した猿として、自然から弾き出されたトラウマをえぐり出した。
 故にアメリカでは今なお、一部の議員や識者までもが、その信憑性を疑っている。

 また文明や世間とは、自然から隔絶した人間が作り上げた仮想自然である。
 そのため、何か自分が板につかないような不安感や、漠然とした居心地の悪さが屈辱感となる。
 欧米諸国は当初、それを互いの確執にぶつけ合っていた。
 それが欧米の戦乱の歴史となった。

 やがて欧米列強はアジアやアフリカを侵略し、住人を家畜扱いすることに、そのトラウマや屈辱感をぶつけた。
 その仕上げが、自分たち以上に「文明が板につかない猿」を作り出し、そのいたたまれない姿を嘲ることであった。
 列強諸国にとって日本の近代化は、「進化論」によって受けた屈辱を投影する対象であった。

 そして近代とは、押し付けられた宗教に「裏と表」を使う屈辱感から生じた、分裂症に起因する。
 そしてそれを他者へ連鎖させてゆくことが強迫観念となり、その絶望感への誇大妄想として完成した。
 キリスト教が強い伝染性を持ちながら権威主義に陥り、近代化を促進したのは、外面と内面の使い分けが、外面が内面の意思に反して何かに操られていると感じる、被害妄想を伴うからである。

 近代である、ということ自体が病んでいるのである。
 そして近代日本が病んでいたのは、欧米の分裂症にかけられたからだ。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

アニバーサリー・ブロガーパーティ行ってきました

 昨日6月18日(日)、百世瑛衣乎さん主催「アニバーサリー・ブロガーパーティ」に行ってきました。

 百世さんといえば、『ブログ成功バイブル』の著者として、そしてブログのカリスマ主婦としても有名な方。
 去年同パーティでお会いして以来久しぶりでしたが、覚えていて頂いて光栄でした。

 共同開催者のyukkieさんには、去年SUGIZOの世界を教えてもらいました。

 今回は、産婦人科医の半熟卵さん、そして横須賀てるひささんの、出版に関するスピーチもあり、3時間があっという間に過ぎていきました。

 また、あずみよしきさんが、気合いの入ったレポートと、参加した皆さんへのリンクをアップしてくれました。
 あずみさん、私の方こそ今後ともよろしくお願いします。
 そして参加者の皆さん、一次会、そして二次会に来られた皆さん、本当に素敵なパーティをありがとうございました。
 男が聞いても勉強になる話も多く、参考になりました。

 当方のトラバにも、あずみさんへのリンクがありますので、皆さんも是非遊びにいってくださいね。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年6月15日 (木)

アメリカ型資本主義の危険性2 負け犬消費者の悲劇

 アメリカ型資本主義の問題としてはまた、商品販売の思想そのものも挙げられる。

 アメリカ型ビジネスの基本は、「啓蒙思想」にある。
 これは「自分が罪深く不幸であることを気づかせる」思想である。
 言い換えれば、「罪深く不幸」と思い込ませることで、キリスト教が優れているかの如き錯覚を与えたことが、伝搬を早めた。

 そしてアメリカ型資本主義を支えるセールスの基本は、「この商品を持っていないことが不幸であると思い込ませる」ことだ。
 この口八丁こそ、「欧米の資本主義に神がいる」ことの正体かもしれない。

 そしてこの「啓蒙型」ビジネスが今や、収入も少なく、部屋が商品で満たされて寝る場所もない人に、際限なく物を買わせるような、無尽蔵な消費を促すシステムとなっている。

 その結果、現在の経済活動の状況は、人々が果てしなく食をむさぼるために、恣意的に嘔吐した、ポンペイの如き末期症状を呈している。
 あらゆる物が価値を失って巷に溢れ返った状態は、まるで人体における糖尿病のような症状だ。

 先進国はこれまでに、その経済活動の原則を維持してゆくために、商品を果てしなく生産してきた。
 そしてこれらを消費者に買わせ、経済活動のサイクルを円滑化するためには、古い物の価値を下げてゆく必要があった。
 結果、壊れてもいない物にさえ「時代遅れ」と言うレッテルを貼り、敢えて嘔吐することとなった。
 これらの経済活動の吐瀉物が、巷にあふれて物の価値を更に引き下げ、またゴミとなって公害の元凶となった。

 また、無尽蔵な消費サイクルは、物をいくら買ってもそれがもたらす価値を味わうことができない、「負け犬消費者」と言うべき消費者階層を生み出した。

 「片付けられない病」の人も、この無尽蔵な経済サイクルの犠牲者といえる。
 このような人は、せっかく買った物を押し入れなどに入れ込んでしまい、二度と振り返らないことが多い。

 例えば、ブランド商品のマニアが、高価なブランド品を条件反射的に買い漁る。
 結果、既に購入した高価なバッグや靴などが、押し入れに大量に押し込まれ、その価値を失っている。

 また、蒐集性を持つ雑誌や小物類も、自分が今それをどれだけ所持しているか、把握もしないで買い続ける一部マニアによって支えられている。

 また、一つの商品をバラバラにして売り続けて安価に見せかけているが、合計金額が実はかえって高額、という商売もある。
 こうした商品は、買い続けることに途中で飽きた場合、未完成の部品を部屋に抱え込むリスクを持つ。
 特に未完成のプラモデルなどを溜め込んでいる人は、このような商品には手を出さないことだ。

 こうした消費傾向はまさしく、「啓蒙型」ビジネスによってのみ生み出される。
 つまり買い続けないことの不幸を演出することが、商品を買わせている。
 そしてこの強迫観念が、その価値を味わうことではなく、単にでたらめに買うことが幸せであるかの如き、マインド・コントロールを生み出した。

 例えばバッグや装飾品なら、「流行に乗り遅れる」ことへの脅迫観念を生み出すことが重要になる。
 また、部品を集めて対戦するゲームなら、部品を際限なく買い続けなければゲームに勝てない、かっこいい部品が手に入らない、といったことを、不幸として演出する。

 人はこうした傾向の中で、「負け犬消費者」、あるいは、経済の黒魔術師に操られ、価値や購買への独自の意志を持たず、ただ条件反射的に金を払う、「ゾンビ消費者」と化してはいないだろうか。

 部屋を片付ければ分かるが、スペースにはスペースの価値がある。
 日本が際限ない消費による弊害を抱えたのは、経済人や官僚、マスコミなどが、アメリカ型資本主義を安易かつ無防備に礼賛したためだ。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

| | コメント (3) | トラックバック (4)

2006年6月 7日 (水)

『黙示録』のヒーロー「666の獣」とは

該当記事は アメブロ版『DelightChannel ヒプノと癒しのブログ』 に転記致しました。 お手数ですが、リンクされている方は修正して下さい。 ★★★明宮旦佳のサイト/ブログ/メルマガ★★★ タロット・西洋占星術・ヒプノ・レイキ 明宮旦佳のサイト DelightChannel PC版 タロット・西洋占星術・ヒプノ・レイキ 明宮旦佳のサイト DelightChannel 携帯版 メディア作業所 ブラ・ビナタ PC版(作成中) @NIFTY版『DelightChannel 政治と人権ブログ』 アメブロ版『DelightChannel ヒプノと癒しのブログ』 楽天版『ブラ・ビナタ 明宮旦佳のクリエイティブ・ブログ』 ミクシィにて、日記・フリートークも投稿中(購読にはミクシィアカウントとマイミク登録が必要) 無料メルマガ『明宮旦佳のDelight通信』登録・解除

「ヒプノと癒し」に転記 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

こんな夢を見た

 行方不明・失踪した女性がいるなら、廃止された病院を探せ。
 病室にはベージュ色の金属パイプを組んだベッド。
 湿気があり、日当たりがいまいち、寒々としている。
 壁は白、コンセントの周りにカビ。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »