« 片付けられない人の収納と整理 | トップページ | 靖国参拝と皇室蔑視2 »

2006年7月29日 (土)

靖国参拝と皇室蔑視1

 最近、昭和天皇が靖国参拝を拒否し、第二次世界大戦以前から、戦争を憂慮していたという文書が明らかにされた。
 そんな中、小泉首相が、昭和天皇を「あの人」呼ばわりし、自分の意思に変わりがないことを明らかにした。
 自民党の政治家や官僚たちは、自分たちが「愛国心」を体現してるかの如くのたまっているが、彼らが皇族への敬意を示しているとは言えないだろう。
 今回の「あの人」発言にしても、直後に慌てて訂正したとはいえ、それが国家の指導者の行為である以上、本来なら右翼からの批判に晒されるべきである。

 また以前、故橋本前総理が、陛下訪中の際、「そういうことは天皇に言わせよう」とオフレコ発言したことも、自称国粋主義者たちの、皇族に対する態度を物語っている。
 彼らは右翼的であるかの如く見られ、それを気取っているようだが、腹の底ではむしろ、堕落した左翼といえる。

 正式な左翼は、昭和期には天皇制そのものを批判していた。
 対して自民党政治家や官僚の多くは、天皇制を利用してはいるものの、人間としての皇族に対しては、全く敬意を払っていない。
 つまりは、国民の目の前で天皇制に裏表を使い分けている。

 そもそも、皇族が「靖国には行かない」ことを意思表示している以上、それを強いて求めることは、おこがましいのではないか。
 皇族に敬意を評したければ、まず皇族の人格を認めるべき。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« 片付けられない人の収納と整理 | トップページ | 靖国参拝と皇室蔑視2 »

コメント

総理は右翼ではないと思う。
私は前から、何故、国民が総理に国旗を振るのかが理解できなかった。
靖国参拝は、そこそこ天皇家に繋がる人が参拝するのでなければ共産化するでしょう。

投稿: もこ | 2006年7月29日 (土) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/11137559

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国参拝と皇室蔑視1:

» 靖国 [共通テーマ]
靖国神社への思い、靖国神社参拝問題に関する意見等々。こちらに書いてみませんか。 [続きを読む]

受信: 2006年7月31日 (月) 21時58分

» 8月15日を避けても批判、反発は変わらない [今話題の情報を集めています。]
 小泉純一郎首相は15日午前、終戦記念日の靖国神社参拝について「8月15日を避けても批判、反発は変わらない。いつ行っても同じだ。ならば今日は適切な日ではないか」と述べ、01年の自民党総裁選時の公約実現を優先した理由を説明した。首相官邸で記者団の質問に答えた。  近隣諸国への配慮から「8・15」を見送ってきた過去5年の参拝との整合性に関しては「最初、多くの方々が8月15日だけはやめてくれと言ってきた。あえて15日を避けて参拝してきた。しかし、いつ行っても騒ぎにしようという勢力がいるんですか...... [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 21時08分

« 片付けられない人の収納と整理 | トップページ | 靖国参拝と皇室蔑視2 »