« 靖国参拝と皇室蔑視1 | トップページ | 靖国参拝と皇室蔑視3 »

2006年8月 1日 (火)

靖国参拝と皇室蔑視2

 内閣や官僚による皇室蔑視の起源は、明治維新に遡る。

 そもそも尊王攘夷が国是となったのは、幕府がアメリカに対する屈辱的な開国という国難から、国を守れなかったという意識が高まったためであった。
 そしてキリスト一神教を擁するアメリカに対抗し、国を守る絶対神の幻想を皇室に求めた結果が、近代日本の暴走を招くこととなった。

 屈辱的開国を迫られた日本は、武力では勝ち目の無い敵であり、強引に港(股)を開いた欧米に、表向き媚びへつらうことを強いられた。
 しかしながら、文明国に引きずり込まれた日本は、その卑屈な外交姿勢を、「文明が板につかない猿」として嘲られ、すり寄った欧米から露骨に距離を置かれた。
 そして日本は、同じアジアの市民を侵害し虐待することで、その屈辱や恐怖を紛らわそうとした。

 やがて日本のアジア侵略の方針が、アメリカと衝突するようになると、日本は「テロ国家」指定され、逆上した。
 このとき、一度は抑圧された攘夷論が息を吹き返し、欧米にへつらった自己嫌悪を「非国民」として封じ込め、主戦論が熱狂をもって迎え入れられた。

 日本が明治維新から太平洋戦争に至る経緯は、一見天皇家を上位としているように見えながら、その実始めから、皇族をないがしろにしてきた。
 故に、昭和天皇が太平洋戦争に懸念を示した時も、そのご意思は官僚や軍部から無視されていた。
 絶対神幻想の対象となった皇族は既に、露骨に偶像扱いされていた。

 言い換えるなら皇族は、A級戦犯たちによって、敗北に酔う絶望的戦争によるオナニーの肴として扱われていた。

 敗戦後、A級戦犯の靖国参拝を決めたのは、皇室でも内閣でもなく、厚生省官僚である。
 そして現在の政治家が、皇室の意思を無視してまで、A級戦犯詣でを行いながら、アメリカへの卑屈な外交を続ける姿勢は、明治維新の屈辱的開国から、太平洋戦争に至る過程が、日本では今なお続いているという、暗黙の意思表示だ。
 そこには始めから、口先では皇族云々と言いながら、ないがしろにする姿勢があった。

 そして元従軍者たちの会合では、A級戦犯たちの遺族が祭り上げられる一方で、元下級兵たちとその遺族たちが冷遇される。
 日本には、敗北を恥としてその自己嫌悪を兵卒たちに見いだしながら、その執行者たちを異様に美化する部分がある。

 しかしながらA級戦犯は、国民の命を粗末にし、その死をネタにマス掻きしていた人々だ。
 皇室の意思をないがしろにしてまで、そのような者たちを崇拝しながら、「愛国心」を口にする首相の気が知れない。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« 靖国参拝と皇室蔑視1 | トップページ | 靖国参拝と皇室蔑視3 »

コメント

「在日」に対する偏見を植え付けないで

投稿: | 2006年8月 7日 (月) 07時44分

『「在日」に対する偏見』とはどの部分のことでしょうか。
私は日本人として、日本人が取るべき態度を問うているだけです。
靖国参拝は、日本人の愛国精神によるものなどではなく、
日本人自身の自己嫌悪の象徴と言うべき、病んだ行為です。
だから反対しているのです。

投稿: 占い師の滋夢童 | 2006年8月 7日 (月) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/11177269

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国参拝と皇室蔑視2 :

« 靖国参拝と皇室蔑視1 | トップページ | 靖国参拝と皇室蔑視3 »