« 靖国参拝と皇室蔑視4 | トップページ | 右翼と左翼そして吉田松陰 »

2006年8月11日 (金)

創意の大国日本

 日本には素晴らしい技術、そしてそれらを生み出した人がいる。
 また、人々に夢や癒しをもたらす文化を持ち、特に宗教においては、神道と仏教が長く共存するなど、ゆとりと和を重んじる風土を持つ。

 明治期の日本は、世界に「ジャポネスク」と呼ばれる流行を生み出した豊かな文化を持ち、「日本には文明はないが文化はある」とまで言われた。

 しかしながら、第二次世界大戦の狂気に陥った日本は、その豊かな文化を、「欲しがりません勝つまでは」の一言で破壊し尽くした。
 それは、絶望的戦争で思考停止に陥った日本が見せた、勝利への執念というよりはむしろ、自殺衝動であった。

 自文化を平気で破壊し、敗戦によって無修正にアメリカ式を受け入れる土壌を作った当時のリーダーたちこそ、国賊と呼ぶにふさわしくはないか。

 また無論、国民を単純化した図式や「勝ち組・負け組」意識で思考停止に陥らせ、自分の人気取りだけ図る首相も、同罪である。

 さておき、日本の創意の土壌は今こそ、世界の一人一人の人間を生かすための力となるべきではないか。

 日本には、荒れた土壌にも水分を保持する成分や、太陽電池などの無公害発電といった研究成果がある。
 それらをアラブやアフリカの、砂漠地帯の緑化や生活の実験に活用し、その成果を現地の人々と分かち合ってもいいのではないか。
 日本の創意が、より多くの人々を生かす力となるとき、日本人はこの国への愛情を、本当に抱くことができるだろう。

 また、神道の八百万の神々と、仏教の仏たちが共存してきた文化は、一人の神の愛情を巡って相争う「文明の衝突」の時代には、一服の清涼剤である。
 そうした文化的土壌を、より多くの人々と共有できれば、紛争を緩和する手始めになりうるかもしれない。

 そもそも世界の神話も、ギリシャやエジプト、北欧そしてヒンドゥ神話など、神道のように八百万の神々を擁する多神教が主であった。
 世界がその頃の長閑さを取り戻す上で、日本が果たせる役割があるのではないか。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« 靖国参拝と皇室蔑視4 | トップページ | 右翼と左翼そして吉田松陰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/11389729

この記事へのトラックバック一覧です: 創意の大国日本:

« 靖国参拝と皇室蔑視4 | トップページ | 右翼と左翼そして吉田松陰 »