« 陰陽五行と世界史 | トップページ | 同時多発テロで混乱したアメリカの陰陽五行 »

2007年3月10日 (土)

ウルトラマンメビウス『メフィラスの遊戯』

 今夕放送の『ウルトラマンメビウス』のエピソード、『メフィラスの遊戯』を見て、胸が痛んだ子供あるいは大人も多かったのではないか?

 この物語ではメフィラス星人がウルトラマンメビウスを倒すため、人々をマインドコントロールしてメビウスを侵略者に仕立て上げ、人々にメビウスを殺させようとする。
 そして人々はメフィラスに「殺せ、殺せ!」と唆され、むしろ猛烈な不快感を覚えながら、メビウスを攻撃する。

 このストーリーの流れを見て、人をいじめた経験のある者は皆、胸がきしむ思いがしたのではないか。
 良心の呵責を抑圧しながら、いじめへの安易な誘いに乗ってしまうことは、いじめの現場ではかなり多いことだ。

 しかしながら、今回のように、「もしかしたら、『面白いからあいつをみんなでやっつけよう』って言ってる奴こそ、本当は凄くヤな奴かも。」という不安に焦点を当てることは、いじめ問題を考える上で不可欠だ。
 そしてマインドコントロールに乗せられてメビウスを苦しめたことを、悔やむ者の姿を率直に描き、「人を傷つけ泣かせても、面白くもおかしくもない」ことをストレートに見せた。

 『ウルトラマンメビウス』には元々、大人が本当に子供たちに観て欲しい若者の姿を見せる部分がある。
 そして今回も、このようなメッセージが込められてる。

 ☆漠然とした不安を見つめ真実に気づくことの素晴らしさ
 ☆人を操ったり騙したり利用したりすることの虚しさ

 今回の放送で、ウルトラマンメビウスとメフィラス星人が、大人に代わって子供たちにそれを見せることとなった。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« 陰陽五行と世界史 | トップページ | 同時多発テロで混乱したアメリカの陰陽五行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/14215242

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマンメビウス『メフィラスの遊戯』:

« 陰陽五行と世界史 | トップページ | 同時多発テロで混乱したアメリカの陰陽五行 »