« 改憲問題について言いたい | トップページ | 受験とは »

2007年5月10日 (木)

高校野球 奨学金 問題

 高校球児のために考えなければいけないこと、それは高野連が独自に奨学金を支給するといった、球児の夢を断たないための、新しいクリーンな制度ではないだろうか。

 プロ野球の裏金問題は、今や高校球児に対する奨学金の是非の問題へと、すり替えられてしまっている。
 しかしながら、高校球児に対する親の負担は、通常の高校生活の費用の、数倍から十倍弱にも達する場合もある。
 例えば、高校野球では木製バットが使用されているが、三年間の高校生活を、一本のバットで通すことは困難で、多い時は一日の練習で二、三本折れることもある。
 また、球児を入れるための寮や、遠征試合の旅費に至るまで全て、親の負担である。

 高野連自ら、高校球児という立場の弱い所に、問題をすり替えることで、裏金がなければ彼らの才能を潰すことになる、と脅して、裏金容認ムードを煽ってもいいのだろうか?
 それよりは、才能を持った子供が、より自由にそれを開花させることのできる制度を、新たに考えた方がいい。
 学校が独自に支給する奨学金が裏金に当るのなら、高野連が奨学金を出せばいい。
 この場合、球児が志半ばで野球を辞めることになっても、支給を止めないことも大切だ。

 弱い立場の人間に、どうしようもない事態を発生させることで思考停止に追いやり、明らかに害悪があるものを容認せざるを得ないムードを煽るのは、悪質な世論操作だ。
 今私たちに必要なことは、そうしたマインドコントロールを見抜き、出し抜く知性である。
 そのためには、歴史や神話、心理学や哲学、オカルトなどから、人間のそうした姿や思考の原型を学び、最後まで考え抜くことが必要だ。
 今回の件は、プロ野球や高校球児の問題にとどまらず、小泉政権の「郵政民営化原理主義」に始まる、日本人の思考停止の問題なのかも知れない。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« 改憲問題について言いたい | トップページ | 受験とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/15019247

この記事へのトラックバック一覧です: 高校野球 奨学金 問題:

» カバラ数秘術占い [カバラ数秘術占い]
カバラ数秘術占いと賢く付き合って人生をhappyにしよう!! [続きを読む]

受信: 2007年5月10日 (木) 11時39分

« 改憲問題について言いたい | トップページ | 受験とは »