« コムスンと介護保険の暗部 | トップページ | 年金や保険を利権にする罪 »

2007年6月14日 (木)

年金や保険という政治問題

 daiganさんのブログ Keep on your easy pace(トラバ「コムスンの悲鳴(厚生労働省の横暴)~前半~」)に詳しく紹介されているが、コムスンの摘発はやはり、厚労省の責任逃れのためのスケープゴートという側面が強い。
 そして現在、年金支給漏れに関する調査を、一年以内に完了すると、政府は発表しているが、政府にはその根拠と今までの成果を、国民に公表する義務がある。

 選挙対策の苦し紛れで、一年という期間を安易に設けたとすれば、「美しい国」という漠然としたキャッチフレーズで政権を発足させた安倍政権には、やはり国民を救い生かそうという覚悟が、始めからなかったと言わざるを得ない。
 当時の厚生大臣が誰かという責任逃れを、始め菅直人氏に押し付けたものの、事態が小泉前首相に及んで、口をつぐんでしまったところにも、安倍政権の馴れ合い体質が出ている。

 特に小泉前首相は、菅直人氏を辞任に追い込んだところで、自らの未納や、不正利益供与には平気で居直った。
 そのような人物が厚生大臣だったということは、そうした制度を知り尽くして、不正を目論んだということではないか?

 いずれにせよ、安倍政権が事態をごまかす為に企む横暴を、許しておいてはいけない。
 少なくともこれで、次の選挙では安倍政権を是認してはいけないことだけは、はっきりしたはずだ。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« コムスンと介護保険の暗部 | トップページ | 年金や保険を利権にする罪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/15428344

この記事へのトラックバック一覧です: 年金や保険という政治問題:

« コムスンと介護保険の暗部 | トップページ | 年金や保険を利権にする罪 »