« 中越地震に寄せて | トップページ | 憲法9条を守れ!(100投稿記念) »

2007年7月24日 (火)

日本の原子力行政の狂信性

 東京電力と小泉・安倍の両名は、今まで何をしてきたのか?

 先日の中越沖地震で、原子力発電所の専属消防システムが、全く機能していないことが発覚した。
 しかしながら実は、日本の原発はそれ以前から安全上の問題を抱えていて、それをIAEAに指摘されていた。

(以下はサイトより引用)
 『同原発が国際原子力機関(IAEA)の調査をうけて、火災対策の不備を改善するよう二年前に勧告があったことを指摘し、「火災防護専門のグループをつくったのですか」と確認しました。
 南舘副所長は、グループをつくっていないことを明らかにしました。』

 東電および政府は度々、原発は安全だと繰り返してきたが、彼らは安全の意味をはき違えていたのだろうか?

 つまり、「万が一の事態にもしっかり対応でき、周辺市民の生命や健康、財産を守る」という意味の安全ではなく、「事故やなど起こらない、いや起こっちゃいけないんだ、起こっても見てみぬ振りしなきゃいけないんだ!」という妄想としての安全神話にすがったのだろうか?

 IAEAは日本に、原発後進国という判定を下した。
 それがこの2年間の改善によって解決できた問題であれば、その責任は小泉・安倍の両名にある。
 それをまともにやってこなかった結果、世界的に恥さらしな原子力行政をやって、「日本のリーダーシップ」も形無しだ。

 安倍政権は、私たちが安心して再任できる政権ではない。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« 中越地震に寄せて | トップページ | 憲法9条を守れ!(100投稿記念) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/15863547

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の原子力行政の狂信性:

« 中越地震に寄せて | トップページ | 憲法9条を守れ!(100投稿記念) »