« アメリカ的分裂症 | トップページ | 中越地震に寄せて »

2007年7月12日 (木)

与党の延命策にだまされるな

 日本が小泉政権の下で失ったものは、あまりにも大きい。
 その愚挙を継承するために発足した安倍政権に、今さらとはいえ、はっきりノーを突きつける必要がある。
 今度の選挙こそ、弱者が自らの声に耳を傾け、自分たちを本当に救う人間に投票したい。
 前回は、自分たちをないがしろにし、見殺しにすると言った人間に投票したのだから。

 また安倍首相が現在、かつての小泉手法をまねた劇場手法を、自らの演説にも取り入れているが、ここで安倍首相が見せる自信にだまされてはいけない。
 安倍首相が掲げる、年金問題の一年での解決には、何の論拠も示されておらず、それをパフォーマンスでごまかすための劇場手法なのだ。
 派手な演出の先輩が、その実政治に空白期間をもたらしたことは、去年のことなので記憶に新しい。
 
 私たち一人一人の人間が、自殺など考えずに生きていかなければならないのなら、私たちを生かさないと宣言している政治屋を再び選ぶことは、自分を偽ることではないのか?
 首相がへたくそな踊りを踊っていれば、世界中が尊敬してくれて、日本の景気も安泰だ、誰もそんな呪術的なつもりで投票するわけではないだろう。
 ならば正気の投票結果を出そうではないか。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« アメリカ的分裂症 | トップページ | 中越地震に寄せて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/15737972

この記事へのトラックバック一覧です: 与党の延命策にだまされるな:

» 年金問題は解決したのか [年金問題大丈夫かあなたの年金]
平成19年度国会において、年金問題は解決することはできたのか、若しくは年金問題の解決策は見つかったのか。今国会において年金問題について解決はできていないでしょう。年金記録不備問題においては国民年金や厚生年金の加入記録について、誰のものか特定できない年金記録が約5000万件あることが発覚しました。さらに約1430万件の年金未入力記録があることも表面化したことについて安部政権は年金保険料の給付の可否を判断する第三者委員会と、年金問題の原因や責任の所在を解明する検証委員会を設置して...... [続きを読む]

受信: 2007年7月16日 (月) 19時26分

« アメリカ的分裂症 | トップページ | 中越地震に寄せて »