« 何故キリスト教、そして近代は病んでいるのか | トップページ | 退行催眠・翻訳・執筆 受付開始 »

2007年9月13日 (木)

こんな時こそしっかり選べれば・・・

 私たちに必要な政治家は、政治家同士の派閥力学の中で、調子のいいことを言える人間ではない。
 むしろ、私たち一人一人を生かす気概を持った人物による、そのための政策である。

 安倍首相が突然退任したが、彼は結局その任ではなかった。
 しかしながら、果たして自民党に、そうした人物を選ぶことができるのだろうか?

 私たちはもう一度、憲法9条などの高い理想に立ち返り、9条を破綻に追いやることを目的とした特措法や、郵政民営化といった悪法を、堂々と見直す政治家を選びたい。

 自己嫌悪につけ込んで、バブル的な人気をあおり、国民の為の政策を何一つ提案できなかった愚相を支持してしまった失敗から、私たちは何を学ぶべきなのか、もう一度考えたい。
 そしてその答えは是非、次回の衆議院解散総選挙で、打ち出していきたい。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« 何故キリスト教、そして近代は病んでいるのか | トップページ | 退行催眠・翻訳・執筆 受付開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/16436775

この記事へのトラックバック一覧です: こんな時こそしっかり選べれば・・・:

« 何故キリスト教、そして近代は病んでいるのか | トップページ | 退行催眠・翻訳・執筆 受付開始 »