« 小沢大失態の意味 | トップページ | 真の公平感とは »

2007年11月22日 (木)

アイデンティティの回復とは

 日本人が抱く被害者意識の一つとして、「中国や韓国が日本を尊敬していない」という意識がある。
 これはかつての侵略や、それを引き継ぐような経済侵略の、後ろめたさに起因している。
 もしかしたら、「アジアから尊敬されなければ」と思うこと自体が、病的な強迫観念かもしれない。
 しかしながら、もし日本がアジアから真に尊敬されることがあるならば、その手始めは日本が、「開国以来の分裂症」から立ち直ることに他ならない。

 日本人にとって一番重要なことは、国民全体というよりはむしろ、一人一人の人間が、自分が何に自信を持って生きていけばいいか、見つけることではないか。
 自分が何者か、そして日本人であるということは何か、という意識が希薄になっていることが、旧小泉政権の単純化した選挙キャンペーンへの、付和雷同にもつながった。

 自己の健全な統一感覚がないということは、周囲に対しても無責任な行動を取りやすいことを意味する。
 アメリカが、イスラム教徒のアイデンティティを迫害するのは、アメリカが今アイデンティティを見失っているからだ。

 また自己嫌悪も、自己を「自分を嫌悪する自分」と、「自分から嫌悪される自分」に分裂させ、自己に対し「裏と表」を使うことである。
 そして分裂した自己における、自分に対する「表」としての「自分を嫌悪する自分」は、「裏」としての「自分から嫌悪される自分」の行動に責任を持たない。

 今のアメリカに必要なことは、信仰でごまかしてきた事柄の答えを、見つけ出してゆくことである。
 そうした疑問の一端が、かつて自分達をユーラシア大陸から追いやったヨーロッパ人に対する、「古いヨーロッパ」批判につながったともいえる。

 一方日本は、最初の被爆国で憲法9条を持ち、あらゆる宗教に寛容な国柄だ。
 日本がアメリカの友好国として、そして世界の一員として果たすべき役割は、アメリカの過ちを指摘しながら、その答えを共に模索してゆくことに他ならない。
 そしてそれが、「明治維新以来のトラウマ」を癒すきっかけになるのかもしれない。

 欧米ではまた、イラク戦争への熱気が強まった時期には片隅へと追いやられていた、魔女崇拝やニューエイジといった運動が、依然根強い。
 そしてケルトやヴァイキング、妖精や魔女といった、「キリスト教を押し付けられる以前」の文化への、憧憬を示すブームがある。
 それはこうした活動が、分裂症の苦しみを他に転嫁することを繰り返す悪循環から脱却し、それ以前の人間性の回復を目指しているからだ。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« 小沢大失態の意味 | トップページ | 真の公平感とは »

コメント

すばらしい思想ですね!
一体どこの日本の話をしているのですか?

投稿:   | 2011年11月 7日 (月) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/17150127

この記事へのトラックバック一覧です: アイデンティティの回復とは:

« 小沢大失態の意味 | トップページ | 真の公平感とは »