« 何かイヤな流れを感じる | トップページ | 理念なき政権に退陣を »

2008年4月27日 (日)

水戸市保険庁の横領事件

 水戸市保険庁の10億円横領事件の被害総額は、市民の負担で補填されるという、とんでもない話を聞いた。
 責任は無論犯人と、それを未然に察知し防げなかった、あの時謝罪していた天下り官僚管理職、十数人にある。
 彼ら曰く、20通の通帳の管理は不可能だったと言うが、大手銀行の水戸支店なら、それを優に上回る情報を管理しているはずだ。
 要するに、少なくとも5000万円の退職金を受け取れる管理職が、何の仕事もしていなかったため、この事件を防げなかった、という話だ。
 彼らの職務怠慢がこの事件を拡大させたのだから、退職金を賠償目的で天引きしてもいいはずで、それだけで少なくとも7億円を補填出来る。
 彼ら全員を退職金没収で解雇し、大手銀行水戸支店の50代の副頭取をヘッドハンティングして、一人で彼ら全員のポストを切り盛りしてもらった方が、20通程度の通帳は難なく管理し、遥かに仕事になっただろう。

 他の行政団体も同じだ。
 何もしない老人に国家が金を払うために、一般大衆が地獄に落とされる、そんなおぞましい社会を是正しなければ、日本は誰も生きられない社会になる。
 誰も本気でやらなかった、我々が生きるための政治改革が、本当に出来る人材こそが、政治や公務には必要だ。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« 何かイヤな流れを感じる | トップページ | 理念なき政権に退陣を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/41005938

この記事へのトラックバック一覧です: 水戸市保険庁の横領事件:

« 何かイヤな流れを感じる | トップページ | 理念なき政権に退陣を »