« 秋葉原無差別殺人に思う | トップページ | 退行催眠の効用6 »

2008年6月23日 (月)

裁判員制度のおぞましさ

 裁判員は生涯、自分が参加した裁判の内容を外部に漏らしてはならないと定められているが、その裁判の裁判官は退官後なら話してよい、とされている。
 また、裁判員制度は、裁判員の自主的最良ではなく、単に裁判官が裁判員に、有罪か無罪かの判定や、量刑に関する同意を要求するだけの制度である。
 これを政府が悪用すれば、言論弾圧に転用出来る。

 例えば、人権活動家を抹殺する場合、故意に冤罪を引き起こし、その活動家に裁判員を強要、誘導尋問や法廷侮辱で脅し、有罪に無理矢理同意させる。
 その後に冤罪を公表し、裁判官が引責辞任後に、その活動家が有罪判決に合意したことを告発すれば、その活動家の活動家生命を絶つことも可能だ。
 そして反論しようとした場合、裁判内容の守秘義務を盾に取って反証を封じ込め、活動家を嘘つき呼ばわりすることも可能だ。

 第二次世界大戦中に、平和を訴えながら特高の弾圧で転向を強いられた活動家が、戦後「嘘つき」呼ばわりされ、言論を封じられたことが、戦後日本の精神性立て直しを、どれほど遅れさせてしまったか、今や想像もつかない。
 そして転向者たちが苦しんでいる間に、特高はさっさと転向してGHQに擦り寄り、戦後日本の精神性を荒廃させる種をせっせと蒔いていたのだから。

 こんな馬鹿げた悲劇は繰り返してはならない。

裁判員制度はいらない!大運動

天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« 秋葉原無差別殺人に思う | トップページ | 退行催眠の効用6 »

コメント

 私のブログにもコメントありがとうございます。
 とにかく、裁判員制度は中身のおぞましさは言うに及ばず、共産党や社民党、司法権力を含めた国家権力、さらに日弁連、メディアのオール与党化推進という手法が極めつけの恐ろしさです。
 こんなシステムがまかり通ったら、権力は共謀罪、憲法改悪、徴兵制も何でもできるでしょう。

投稿: 高野 善通 | 2008年6月23日 (月) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/41627822

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員制度のおぞましさ:

» 「朝まで生テレビ」仮に私ならば [天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳]
 高知では動物の面をかぶった模擬裁判が行われたとか・・・おいおい、こんなことまでして「親しみやすい裁判」とは、裁判の本来の意味が誤解されかねない事態でしょう。こんなノリで裁かれた「タヌキ(上記模擬裁...... [続きを読む]

受信: 2008年6月23日 (月) 23時05分

« 秋葉原無差別殺人に思う | トップページ | 退行催眠の効用6 »