« 退行催眠の効用5 | トップページ | 裁判員制度のおぞましさ »

2008年6月20日 (金)

秋葉原無差別殺人に思う

 一部では、先の秋葉原無差別殺人事件の容疑者、加藤智大被告を、弱者の不満の代弁者として、英雄視する動きがあると聞いた。

 理由は、加藤容疑者が弱者切り捨ての憤りを、無差別殺人によって表現したからだという。

 私にはこんなことはとても共感出来ない。

 吉田司氏の週刊朝日への寄稿では、古い日本的価値観を憎んでいたが、新自由主義による弱者切り捨ては危険であり、加藤容疑者のような人物を生み出す温床だと言う。

 しかしながら本当の問題は、いじめであれ格差であれ、弱者を生贄にする理不尽を野放しにしたことについては、古い価値観も新自由主義も同罪だということだ。

 弱者の痛みによって問題が解決したかのように錯覚する理不尽を無くすために、その根本から正していかなければもはや、人類は存続出来ないところまで来ている。

 しかしながら、加藤容疑者をその代弁者と見なすことは危険だ。

 彼もまた、被害者とその周囲の人たちに、違った形とはいえ理不尽を引き起こした一人なのだから。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« 退行催眠の効用5 | トップページ | 裁判員制度のおぞましさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/41592676

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原無差別殺人に思う:

« 退行催眠の効用5 | トップページ | 裁判員制度のおぞましさ »