« 退行催眠 体験談 | トップページ | キリストの真の宗教1 »

2008年7月 9日 (水)

鹿鳴館外交への逆行

 今回のG8で、数値を設定しない努力目標だけ掲げたこと(しかも合意ではなく)や、海外メディアによる「議長国日本が一番存在感がない」といった揶揄は、日本の屈辱開国のトラウマである「鹿鳴館外交」を思い出させる。

 まさに今日本は、小泉郵政選挙や、高齢者切り捨て、そして裁判員制度を通じた言論や良心への弾圧など、あの時代の息苦しさを再現しようとしている。

 これらのおぞましい政策(G8は無策)は、私達日本人が、真に人を生かす政治という実直な問題を、対岸の火事として見過ごしてきたツケなのだろうか。

 今からでもできることがあるのならば、例えば政権交代や裁判員制度廃止を求める署名活動などで、国民の政権への怒りを表現する他はない。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« 退行催眠 体験談 | トップページ | キリストの真の宗教1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/41783524

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿鳴館外交への逆行:

« 退行催眠 体験談 | トップページ | キリストの真の宗教1 »