« 犬神家の予言4 | トップページ | 犬神家の予言6 »

2008年10月22日 (水)

犬神家の予言5

注意!この投稿には『犬神家の一族』のネタバレが含まれていますので、未読の方などは、お読みになる前にご注意ください。

第五章 静馬の近代史

 三姉妹が菊乃に嫉妬した経緯は、共産主義が三大一神教に取って代わろうとしたことを表します。

 不仲だった三姉妹が、菊乃を袋だたきにするときだけ結託したことは、三大一神教が、共産主義との戦いにおいてのみ結託したことを思わせます。

 そして佐兵衛が、いわば菊乃の敵討ちとして、三姉妹を争わせる遺言をしたことは、共産主義の脅戚が去った今になって、アメリカと癒着して力を付けたタリバンやイラクが、今ではアメリカと戦っている現状を思わせます。



↓(以下本文ネタバレ)




↓(以下本文ネタバレ)

 一連の事件の鍵は、佐清と静馬が瓜ふたつだったことです。

 一方、アメリカと旧ソ連はそれぞれ、キリスト教原理主義と共産主義を代表する国家となりました。

 両国とも、ユダヤ人官僚を政権の中枢に抱え、ヨーロッパ貴族主義に反旗を翻す形で誕生した国家でもあったのです。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« 犬神家の予言4 | トップページ | 犬神家の予言6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/42866828

この記事へのトラックバック一覧です: 犬神家の予言5:

« 犬神家の予言4 | トップページ | 犬神家の予言6 »