« 黒いケネディが開く新時代 | トップページ | 定額給付金の裏にあるもの »

2008年11月10日 (月)

書評:タロット解釈実践事典

タロット解釈実践事典
井上教子 著 / 国書刊行会 刊
4-336-04259-4

 立宮知佳のタロット・西洋占星術研究の仲間で、長いキャリアと高い定評を持つ占い師、ステラ・マリス・ナディアさんが、ご自身の経験を盛り込んで完成させた、ハイレベルなタロット学習書。

 78枚の大小アルカナの解釈や、代表的なスプレッドの使用法はもちろんのこと、西洋占星術にも通じるオカルトの基礎も盛り込まれ、この一冊を元に、タロットを通じてオカルトを学ぶことが可能になっている。

 本書では、近代タロットの礎と言えるウェイト版が、その真意にまで掘り下げて解釈されている。

 初心者には、いささか難易度が高い書物にも見えがちなので、最初に大アルカナのみを重点的に学び、習熟したところで小アルカナに進むことをお勧めする。

 全てのタロット占い師、オカルト学習者が、手元に置く価値のある一冊。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« 黒いケネディが開く新時代 | トップページ | 定額給付金の裏にあるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/43068782

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:タロット解釈実践事典:

« 黒いケネディが開く新時代 | トップページ | 定額給付金の裏にあるもの »