« 月に祈りを | トップページ | 「気」の構造が分かるかも知れない »

2009年1月20日 (火)

トラウマに依存する心

 心理学で言うトラウマ(心的外傷)とは主に、ショッキングな出来事で負った心の傷が、後の人生にネガティブな影響を及ぼす場合に用いられる。

 しかしながら、人の心の中には、そのトラウマに依存してしまう心理が働く。

 人の心の中には、現状を維持しようとする本能がある。

 その心理構造は、保守的でしかも理屈っぽく、証拠を求める。

 そしてこの、現状維持の心理が、トラウマを乗り越えて自己改革に臨む際、邪魔になる。

 しかも現状維持と理屈っぽさという、この心理は、それまでのトラウマに基づいた生活パターンや思考回路を、むしろ守ろうとする。

 トラウマ的な生活の中での記憶を、「ほら、あの時お前はダメだっただろ」「あの時みんなから傷つけられただろ」「結局そのままなんだよ」と、心の中で囁いて、現状を維持しようとする。

 しかも現状維持の本能には、そうした記憶という証拠があるため、より頑固に作用する。

 しかし、ここでその本能に負けると、結局トラウマ的な生活・思考パターンを、だらだらと続けてしまうことになる。

 DelightChannelが提供するハーモニック・ヒプノは、こうしたあなたの「内なる会話」を調停し、あなたがより輝けるヒントを、あなたご自身の潜在意識の中から、あなたと一緒に探します。

 あなたも、トラウマと「現状維持の本能」の「悪魔の囁き」から離れて、本来の波動を取り戻して、輝いてみませんか。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« 月に祈りを | トップページ | 「気」の構造が分かるかも知れない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/43801057

この記事へのトラックバック一覧です: トラウマに依存する心:

« 月に祈りを | トップページ | 「気」の構造が分かるかも知れない »