« ライブの楽しみ | トップページ | ジェントルハートプロジェクトのイベント »

2009年2月 3日 (火)

ハイアーセルフのイメージが掴み易い映像作品(300投稿記念)

 退行催眠では、あなた一人一人を見守る高次元の存在、ハイアーセルフの助けを借りることがあります。

 例えば、ライフワーク実現に向けたアドバイスを求める場合。

 また、前世のトラウマと直面し、ショックから立ち直る場合など。

 ハイアーセルフにご興味がおありの皆様には、退行催眠をお受け頂くのが一番手っ取り早いと言えます。

 一方で、以下のような作品が、ハイアーセルフをイメージする手助けになる場合があります。

『第一でナイト』(第一生命のCM)
 タッキー演じる騎士が人々に「堂々と生きる」ことを伝える使命に悩むところに、光の存在が励ましの言葉を授けるCM。
 光から必要なメッセージが来るイメージは、ハイアーセルフを使ったセラピーではおなじみ。

『決戦!超ウルトラ8兄弟』
 一度は夢を見失った男たちが、自らの内なるウルトラマンに目覚め、夢を取り戻す物語。
 ここでウルトラマンは、平凡な日常を送る男たちの魂の真実、ハイアーセルフそのものであり、怪獣には現在の情勢を投影して観ることも可能。
 怪獣という圧倒的に見える困難を、内なる光を結集し打開する物語上、ウルトラマンがハイアーセルフの言い換えになるのは必然か。

『オーラの泉』
 ハイアーセルフからのメッセージがどんなものか、参考になる番組。
 ゲストがこれからを生きていく上で、今必要なメッセージを伝えているが、その内容が自分にも当てはまることが多い。

 他にも、ハイアーセルフが思い出の人や偉人、天使に似ている、といった体験談もあります。

 その姿は、あなたに必要な何かを象徴します。

 ですので、何故その姿だったのかについて考えることで、メッセージがより深く読みとける場合があります。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« ライブの楽しみ | トップページ | ジェントルハートプロジェクトのイベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/43943709

この記事へのトラックバック一覧です: ハイアーセルフのイメージが掴み易い映像作品(300投稿記念):

« ライブの楽しみ | トップページ | ジェントルハートプロジェクトのイベント »