« 「世界陰謀」が理解できない理由 | トップページ | 666と世界陰謀の真の関係 »

2009年2月25日 (水)

異端審問・魔女狩りと、バイオテクノロジーの関係1

 昨日のテーマの続き、果たして「千年単位の世界陰謀」が可能か、という一例。

 はじめに、異端審問や魔女狩りには、現在の恐怖政治(テロという言葉の本来の意味)のプロトタイプという側面があった。

 異端審問とは、中世カトリック教会などの権力がヨーロッパで行った、非主流派キリスト教セクトや、ユダヤ教徒への弾圧。

 魔女狩りは、同じく教会権力が、多神教の信者や、それらと間違われた人間、主に女性をターゲットにした弾圧。

 特に魔女狩りは、大衆の鬱憤をヒステリーに変え、弱者に振り向ける、マインドコントロールの実験も兼ねていた。

 その他、異端審問と魔女狩りには、カトリック主流派以外の宗教弾圧以外に、以下の共通点が挙げられる。

 1. 地方自治レベルでの信仰心の破壊

 2. 民間医療の弱体化

 3. 弱者からの資金の強奪

 4. 大衆に宗教に対する罪悪感・嫌悪感を植え付けること

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« 「世界陰謀」が理解できない理由 | トップページ | 666と世界陰謀の真の関係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/44174113

この記事へのトラックバック一覧です: 異端審問・魔女狩りと、バイオテクノロジーの関係1:

« 「世界陰謀」が理解できない理由 | トップページ | 666と世界陰謀の真の関係 »