« 横並びこそ危険2 | トップページ | 郵政民営化、やっぱり何だったんだか »

2009年2月 7日 (土)

厄年の意味

 よく「厄年」などと言われるが、江原啓之氏曰く、昔の人の更年期に当たるらしい。

 また心身の悪い症状が出てき易い時期とも考えられるが、それについてはむしろ、それまで溜まっていた問題が表面化しやすい、ターニングポイントと考えられる。

 例えば、厄年に該当する年代で、最も悩まされる症状としては、肩・腰の痛みも挙げられる。

 しかしながらこうした問題は、関節やリンパに溜まっていた老廃物の量が限界に達し、身体の歪みが痛みを伴うレベルに達したのが、ちょうどその年代ということにもなる。

 また、それまで癒されていなかった心の問題に気付くきっかけが増え、それが鬱の原因になり得る年頃ともいえる。

 いずれにせよ、その真の意味合いを考え、冷静に流すことも開運なのかもしれない。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« 横並びこそ危険2 | トップページ | 郵政民営化、やっぱり何だったんだか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/43985467

この記事へのトラックバック一覧です: 厄年の意味:

« 横並びこそ危険2 | トップページ | 郵政民営化、やっぱり何だったんだか »