« ホ・オポノポノって | トップページ | 異端審問・魔女狩りと、バイオテクノロジーの関係1 »

2009年2月24日 (火)

「世界陰謀」が理解できない理由

 巷の書籍でも最近とみに、「世界陰謀」を扱った物が多い。

 特に911以降、具体的な組織名を挙げた物も含め、急激に増加している。

 しかしながら、大方の人には、いささかチンプンカンプンな話になりかねない。

 理由は、そのスケールが余りにも大き過ぎるからだ。

 世界を操る組織は、世界全体に流通している金全体の、およそ半分の流れを操ることが出来る。

 それだけの金の流れを支配できれば、好況や不況を自在に発生させ、自分たちの金による支配を強化することも可能だ。

 しかも金そのものではなく、例えば究極の目的に不可欠な技術への投資資金を集める為、世界経済を支配しているのだ。

 その勢力にとって、金自体が目的ではなく、むしろ本来の目的の為に他者を動かす上で便利なツールだからこそ、経済を支配している。

 そしてその額が、世界全体で出回っている金の半分という、庶民の想像を絶する巨大な規模であるが故に、ほとんどの人間にはその実態を想像することすら出来ない。

 その額を想像できない、ということは、それによって動かされる物の規模が理解できない、ということだ。

 もし「世界陰謀」を企める組織があるとすれば、それは少なくとも今までの二千年の歴史を操り、自分たちの目的に必要なピースを集めるという目的の為に、それだけの期間にわたり、世界経済を支配して来た。

 その歴史的長大さ、経済規模の巨大さ、そして科学・技術に対する遠大な視野は、ほとんどの人間の想像を絶する。

 例えば、もしその組織が中世の昔、千年後にバイオテクノロジーを進展させることを画策したとすれば、そのために「魔女狩り」を煽った可能性さえあるのだ。

 この例を読めば、大半の人は「狂ってる」と思うことだ。

 しかしながら、千年を一単位として歴史を操る天才なら、このくらいのことを考えてもおかしくはないと思わなければ、「世界陰謀」は理解できないのかも知れない。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

|

« ホ・オポノポノって | トップページ | 異端審問・魔女狩りと、バイオテクノロジーの関係1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/44167747

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界陰謀」が理解できない理由:

« ホ・オポノポノって | トップページ | 異端審問・魔女狩りと、バイオテクノロジーの関係1 »