« フリースクールという救い | トップページ | 植草一秀氏への不当判決に憤る »

2009年6月27日 (土)

マイケル・ジャクソンのスキャンダルに「世界陰謀」の恐れあり

 昨日、80年代を代表するシンガー&ダンサー、マイケル・ジャクソンが亡くなられた。

 『スリラー』をはじめとするヒット曲の数々で、黒人のみならず全米、そして世界の多くの人々に影響を与えてきた。

 私の母は同氏のファンであり、よって故人を鞭打つつもりは無い。

 それどころか、同氏を襲ったスキャンダルについて、むしろ「世界陰謀」に関する、一抹の疑いを抱き始めている。

 同氏のキャリアとして印象的なのは、華やかなダンスナンバーと交えて、平和や人権に関するメッセージソングが多かった事だ。

 そしてこうしたメッセージを、同氏に先んじて訴えたカリスマとして、ケネディ大統領やキング牧師、ジョン・レノンが挙げられる。

 皆さんもご存知の通り、ケネディ大統領を暗殺した真犯人は、同大統領を操りきれないと悟った、「世界陰謀」を企てる闇勢力と思われる。

 一方、政治そのものではなく、市井から出たものの、大統領と並ぶカリスマ性と影響力を発揮したのが、キング牧師とジョン・レノンだった。

 彼らの暗殺にもまた、彼らの強大なカリスマ性と平和へのメッセージを疎んじた、闇勢力が絡んでいると言われている。

 しかしながら、彼らが死してなお影響力とカリスマ性を保ってきたことは、闇勢力にとって面白くないであろう。

 そのため、クリントン大統領を軍門に下らせた「モニカ・ルインスキー事件」辺りから、むしろスキャンダルでターゲットを貶め、弱体化させる作戦に切り替えたのではないか。

 つまりマイケル・ジャクソンは、その平和へのメッセージが持つ影響力を疎んじた闇勢力によって、スキャンダルを捏造された疑いがある。

 その手口はまた、植草一秀氏を冤罪で貶めた手口をはじめとする、小泉郵政選挙対策を思わせる。

 私としては、マイケル・ジャクソンが往年の影響力を保ちながら、911をどう分析し歌ったか、見てみたかった気がする。

 それはおそらく、イラク戦争開戦に対するブレーキになっただろう。

 しかしながらそれは、闇勢力が最も嫌う事態だったはずだ。

 つまりマイケル・ジャクソン・スキャンダルの時期を考えれば、911からイラク戦争への流れは、私たちの予想より遥かに早い時期に、決定されていた恐れさえある。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 体験談】
「身体も心もかなり心地よく、覚めた後はすっきりして気持ちいいので、みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
「今までバラバラだったものが、スパーンと一つにまとめられてしまいました。やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
「自分の中の寂しさと向き合って癒すことで、清々しい気分になれました。」
「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。とっても楽しかったです。とっても楽しかったです。」
「不安の原因を知り、驚いています。また近いうちにお願いします。」
「色んなものが見えて、不思議な感じでした。」
「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
「今は良く実感としてわかりませんが、今後、何かの時にフイに、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します。

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

携帯版

|

« フリースクールという救い | トップページ | 植草一秀氏への不当判決に憤る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/45464864

この記事へのトラックバック一覧です: マイケル・ジャクソンのスキャンダルに「世界陰謀」の恐れあり:

« フリースクールという救い | トップページ | 植草一秀氏への不当判決に憤る »