« 静岡県知事選の意義 | トップページ | ヒプノで見えるもの »

2009年7月10日 (金)

黒魔術が作られた理由

   前回私は、『魔女はカウンセラーだった』と発言した。

   それは魔女達が、女性が女性同士でしか分かち合えない悩みを相談出来る、絶好の年長者だからだ。

   日本で言うなら、尼寺の尼僧のような存在と言える。

   そもそも魔術というもの自体、魂の浄化を目的とした白魔術の瞑想法等、心理ワークとしての側面が強く、魔女の魔術もまた、傷ついた女性達を癒す、慰めの心理エクササイズだった。

   一方、願望成就の儀式は、その願望を潜在意識に定着させる心理エクササイズで、現在の成功哲学に近いと言える。

   それに対し黒魔術は、異端審問や魔女裁判をもっともらしく見せる為、教会によって捏造されたと考えられる。

   それが権力者達の密かな嗜みとなり、教会側も大口の献金者達の為に、その捏造に更に力を入れた結果、現在まで伝えられることとなった。

   その心理的効果は、怨念に焦点を当て、儀式の残虐性に陶酔する事にあり、まさしく魂を変質させる為の、負の心理エクササイズと言える。

   こうした中世教会と、権力者達の後ろ暗い秘密集会が、秘密結社と悪魔崇拝との関連を指摘する根拠となってきた。

   黒魔術が宗教として持つ特徴として、秘密主義と教団への忠誠が挙げられる。

   そして教義のベースを「契約」に置いている事自体、ユダヤ・キリスト教への皮肉と言える。

   そして宗教の中でも、特に忠誠を要求するものとして、ユダヤ・キリスト・イスラム教や共産主義を始めとする、救済宗教が挙げられる。

   という事は、黒魔術にも魂の変質を契約条件とする、救済の教義が隠れている可能性がある。

   最近、マヤ暦等を根拠に、近年中に人類が存亡の危機を迎える、という主旨の映画や書籍が見られる。

 黒魔術には、こうした事態で自分達だけが生き残る教義が秘められ、それが秘密結社を惹き付けているのかも知れない。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 体験談】
「身体も心もかなり心地よく、覚めた後はすっきりして気持ちいいので、みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
「今までバラバラだったものが、スパーンと一つにまとめられてしまいました。やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
「自分の中の寂しさと向き合って癒すことで、清々しい気分になれました。」
「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。とっても楽しかったです。とっても楽しかったです。」
「不安の原因を知り、驚いています。また近いうちにお願いします。」
「色んなものが見えて、不思議な感じでした。」
「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
「今は良く実感としてわかりませんが、今後、何かの時にフイに、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します。

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

携帯版

|

« 静岡県知事選の意義 | トップページ | ヒプノで見えるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/45591944

この記事へのトラックバック一覧です: 黒魔術が作られた理由:

« 静岡県知事選の意義 | トップページ | ヒプノで見えるもの »