« どさくさに紛れて | トップページ | 国民総背番号制の仕上げ »

2011年6月30日 (木)

震災節電の迷走劇

明宮旦佳 6月30日のヘッドライン
****************************************************
政治と人権『震災節電の迷走劇』
ヒプノと癒し『地場の影響』
クリエイティブ『深大寺の風景4』
フリートーク『24見てる』
****************************************************

自動車の「木金休業」がスタート=日産、ホンダなどが前倒し実施
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110630-00000015-jij-bus_all

 今回の一連の措置は、原発操業停止による節電対策であり、大停電が既に危惧されている状況では、やむを得ない。

 しかしながら、原発は技術的に言えば、今回のような「停止」にしても、そのまま創業しても、安全性は何ら変わらない。

 要するに、核分裂を電力に変えるのが原発であり、例え運転停止にしても、核分裂が終わるまでは、操業中と全く同じ状態にある。

 つまり、核分裂しているのは同じだが、タービンによって電力を取るのが操業中、タービンを止めて電力を取らないのが運転停止、という違いであり、運転停止イコール安全という、電機製品のような安全性は通用しない。

 つまり、この見せかけだけの「運転停止」は、大停電を引き起こすことで、再び原発容認に世論を動かすためのパフォーマンスに過ぎない。

 更に言えば、停止中の原発は依然として、冷却のために一日5000万円相当の電力を消費しているのだから、「停止」することでむしろ、原発リスクと電力不足に拍車を掛けているだけだ。

 原子炉冷却・核分裂沈静化までの間、そのちょろちょろ出ている熱量で発電し、自分の冷却分プラスアルファだけでも発電している方が、むしろ安全なのだ。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

 【ハーモニック・ヒプノ 体験談】
  「今までバラバラだったものが、スパーンと一つにまとめられて
    しまいました。やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
  「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
  「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
  「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、
    驚きました。とっても楽しかったです。」

 ★タロットと西洋占星術 30分 5,000円
 ★タロットとミニヒプノ 30分 5,000円
 ★ハーモニック・ヒプノ 90分 15,000円
  東京都内および近郊にて、ご提供致します。

詳細は、明宮旦佳のPCサイト携帯サイト、またはプロフィールをご覧下さい。

|

« どさくさに紛れて | トップページ | 国民総背番号制の仕上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/52082101

この記事へのトラックバック一覧です: 震災節電の迷走劇:

« どさくさに紛れて | トップページ | 国民総背番号制の仕上げ »