« 原発の実情:何度も言ってきたのは、結局こういうこと | トップページ | 閉鎖的社会の病理 »

2011年7月11日 (月)

閉鎖的社会の病理

明宮旦佳 7月11日のヘッドライン
****************************************************
政治と人権『閉鎖的社会の病理』
ヒプノと癒し『藤沢近辺の方、タロットはいかがですか』
クリエイティブ『新宿御苑の景色』
フリートーク『酷暑』
****************************************************

<海兵隊銃乱射事件>自殺した兵士に殴打、セクハラ
http://japanese.joins.com/article/621/141621.html?servcode=400§code=430

 悲しいけど、こういう事件って、どこの国の閉鎖的コミューンの中ででも起こる。

 こういうとき、日本の自衛隊のケースが挙げられることも多いが、日本の小・中学校にせよ、暴走族にせよ、アメリカの軍隊にせよ、映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』の舞台になった高校にせよ、軍隊並みに閉鎖的だってことになる。

 要は、そこが閉鎖的である限り、その点では同罪ということ。

 ちなみに、沖縄で米兵による地元民への犯罪が多発したのも、軍隊によるいじめ同然の訓練が一因と言われたこともある。
 軍曹が若い兵士に、屈辱的な罵詈雑言を浴びせ、「はい、上官」と言わせる訓練もその一例だが、それが軍隊の鬱屈を、下級兵にぶつける口実にもなっている。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

 【ハーモニック・ヒプノ 体験談】
  「今までバラバラだったものが、スパーンと一つにまとめられて
    しまいました。やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
  「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
  「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
  「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、
    驚きました。とっても楽しかったです。」

 ★タロットと西洋占星術 30分 5,000円
 ★タロットとミニヒプノ 30分 5,000円
 ★ハーモニック・ヒプノ 90分 15,000円
  東京都内および近郊にて、ご提供致します。

詳細は、明宮旦佳のPCサイト携帯サイト、またはプロフィールをご覧下さい。

|

« 原発の実情:何度も言ってきたのは、結局こういうこと | トップページ | 閉鎖的社会の病理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/52178354

この記事へのトラックバック一覧です: 閉鎖的社会の病理:

« 原発の実情:何度も言ってきたのは、結局こういうこと | トップページ | 閉鎖的社会の病理 »