« 政府紙幣発行こそ、日本の自立の早道 | トップページ | 改装のお知らせ »

2011年10月10日 (月)

小沢潰しと闇組織

明宮旦佳 10月10日のヘッドライン
****************************************************
政治と人権『小沢潰しと闇組織』
ヒプノと癒し『今年はずっとこんな調子』
クリエイティブ『無事終了!』
フリートーク『無事終了!』
****************************************************

植草一秀の『知られざる真実』
マスコミの伝えない政治・社会・株式の真実・真相・深層を植草一秀が斬る
究極の売国政策TPP推進の旗を振る読売新聞

 上に挙げた植草一秀氏のブログに、ちょっと余計なことかもしれないが、一筆加えたくなった。

 以下は植草氏が言及している、財務省や御用メディア、アメリカや検察の悪では書かれていない、そのバックグラウンドに対する、私なりの考察である。

 財務省や御用メディア、検察をはじめとする司法に、自らの家の人材を送りつけ、米国中枢を操る闇組織と連携し、世界陰謀に荷担している一族がある。

 その一族は多くの陰謀論で、「日本銀行株の45%を所有している真の支配者」などと呼ばれている一族だ。

 そのやり方は、その一族の開祖が天智天皇に取り入り、古事記など皇室記録の執筆権を掌握したやり方と、基本的に変わりない。

 その一族は、闇組織がお仕えする「高家」の、極東における最有力分家であり、一族の起源はかつて朝鮮半島に存在した、「高家」にとっての理想国家「百済」に由来する(「くだら」という読みは、ヘブライ語で「価値あるもの」を意味する「ケデート」という言葉に類似)。

 その一族は、アメリカの手先ではなく、むしろ「高家」全体の世界支配の一環として、自ら日本の骨抜き行政を演出し、アメリカはそれに協力しているだけ、という危険性がある。

 いずれにせよ、今回のニューヨークのデモを見ても、大衆が闇組織の支配に疑問を感じ始めているのは確かだが、その一方で、闇組織も自分たちの計画の最終段階に達している気配がある。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

 【体験談】
  「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
  「身体も心もかなり心地よくすっきりした。」
  「今までバラバラだったものが、スパーンと一つにまとめられて
    しまいました。やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
  「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、
    驚きました。とっても楽しかったです。」
  「ようやく自分の中で腑に落ちました。」

 ★解決法をズバリと指摘「タロット・西洋占星術」
 ★心がスッキリ軽くなる「感情解放・過去生ヒプノ」
   30分 4,000円 / 60分 7,000円 / 90分 10,000円 /
   120分 13,000円

「感情解放・過去生ヒプノ」の会場は、
五反田の「サロン・ド・クライス」になります。

詳細は、明宮旦佳のPCサイト携帯サイト、またはプロフィールをご覧下さい。

|

« 政府紙幣発行こそ、日本の自立の早道 | トップページ | 改装のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/52955197

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢潰しと闇組織:

« 政府紙幣発行こそ、日本の自立の早道 | トップページ | 改装のお知らせ »