« 日本にとって戦中とは何だったのか | トップページ | 一体全体、山本太郎議員の何が問題なのか? »

2013年8月25日 (日)

日本にとって戦中とは何だったのか2

 昨日私は、日本の戦中はヨーロッパの暗黒時代に似ていると言った。

 そして似ていると言うことは、世界陰謀の観点で言えば、秘密結社(闇組織)が日本をこう操りたいと思ったとき、そのまま使える前例があったということだ。
 つまり明治維新からの日本史は、闇組織が日本を支配するために造り上げた、キリスト教ヨーロッパ史の、短縮バージョンと言える。
 1. キリスト教国家の黒船団来寇
   =キリスト教がローマの国教となる
    同時にヨーロッパ北部・東部への覇権強化
 2. 征韓論や日清戦争開戦などのアジア差別
   =聖書の生みの親であったユダヤ人差別
 3. 太平洋戦争突入に伴う清貧への過剰な圧力
   =ヨーロッパ暗黒時代の文化レベルの後退
 4. 反戦論者への弾圧
   =異端・魔女狩り
 5. 女性の権利への抑圧
   =上に同じ
 6. 敗戦からの復興そして高度経済成長
   =産業革命
 7. 過当競争についていけない人々の問題が表面化
  (引きこもり等の増加に伴う、発達障害への認知)
   =英国のプロテスタント教徒追放に伴う、
    アメリカ・カナダ・オーストラリアの建国
 自分たちの歴史が、自分たちが暴走した結果というのみならず、何らかの作為で操られてきた可能性も、改めて検討する必要があるのではないか。
にほんブログ村 政治ブログへ
♥♥♥開運タロット占い・前世ヒーリング【お客様のご感想】♥♥♥
「とってもはっきりしたビジョンが浮かんでスッキリしました。」
「(講演)途中から参加で、過去生がバッチリ出てきました。」
 (「ヒプノフェスタ2011」アンケートより)
「結婚できるかもしれないと希望が湧きました。」

★あなたにジャストフィットする解決法がズバリ「開運タロット占い」

★前世の記憶から今必要なヒントが見えてスッキリ「前世ヒーリング」

詳しくは、 PCサイト 携帯サイト DelightChannelにて。

|

« 日本にとって戦中とは何だったのか | トップページ | 一体全体、山本太郎議員の何が問題なのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/58060293

この記事へのトラックバック一覧です: 日本にとって戦中とは何だったのか2:

« 日本にとって戦中とは何だったのか | トップページ | 一体全体、山本太郎議員の何が問題なのか? »