« 韓国船沈没に関する、日本のマスコミに対する私感 | トップページ | 結局一番原始的な問題が、解決から遠のくための政策か »

2014年4月27日 (日)

植草氏の見直しは、日本が救われる一歩

 小泉政権下の竹中経済政策を批判したために、痴漢えん罪を受けた植草氏。

 しかしながら、多くの日本人が認識していない、安倍政権の弊害を指摘する視点は、未だに衰えていません。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/

 近頃の日本を見ていると、オバマ大統領との空約束や、安倍のごますりとオバマ大統領による露骨な無視・中国や韓国への悪口が過熱した報道など、かつて太平洋戦争に突入した轍をそのまま踏んでいるような気がして不気味です。

 そんな今だからこそ、植草氏の発言に注目せざるを得ません。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


♥♥♥タロット・前世療法【お客様のご感想】♥♥♥

「とってもはっきりしたビジョンが浮かんできて、おかげでスッキリしました。」
「(講演)途中から参加で、過去生がバッチリ出てきました。」(「ヒプノフェスタ2011」アンケートより)
「結婚できるかもしれないと希望が湧きました。」

★あなたに必要な解決策をズバリと導き出すタロット
★あなたが知りたい本当の自分・才能に目覚める前世療法

詳しくは、
DelightChannel
PC・携帯・スマホ全て同じアドレスでご覧頂けます

|

« 韓国船沈没に関する、日本のマスコミに対する私感 | トップページ | 結局一番原始的な問題が、解決から遠のくための政策か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/59538230

この記事へのトラックバック一覧です: 植草氏の見直しは、日本が救われる一歩:

« 韓国船沈没に関する、日本のマスコミに対する私感 | トップページ | 結局一番原始的な問題が、解決から遠のくための政策か »