« 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 014 | トップページ | 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 016 »

2014年5月29日 (木)

陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 015

 ところで、国際社会に於ける、朝鮮半島およびその国家の呼称について。

 私は、朝鮮半島侵略の本質は、藤原氏による日本人のマインドコントロールの結果であり、そして藤原氏は、世界陰謀を操る高家の一員である、という説を唱えています。

 そして現在の世界地図を見ても、朝鮮半島を「チョウセン」と呼んでいるのは、実は国際的には日本をはじめ、アジアの一部となっています。

 そして昨日の投稿で挙げた国家「高麗」が、現在もなお半島全体そして国家の呼称となっています。

 韓国の英訳「South Korea」は、直和訳し直すと「南高麗」、同じく北朝鮮も「北高麗」になっているのです。

 つまり英語圏的には、朝鮮半島は「高麗半島」であり、いわば高家が、この血の正式名称は高麗である、と宣言したかのようです。

 言い換えるなら、高家は藤原氏とグルになって、新羅や李氏朝鮮を、なかったことにしたがっているようです。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

|

« 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 014 | トップページ | 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 016 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/59723532

この記事へのトラックバック一覧です: 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 015:

« 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 014 | トップページ | 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 016 »