« 女工哀史は日本のブラック企業史 | トップページ | 女工哀史と高度成長期は、現在も続く »

2014年5月 4日 (日)

女工哀史は現在も変わらない雇用意識の象徴

 それこそ現在のドラマ『花吹舞が黙ってない』あたりでも扱っていますが、銀行のような意外と知的なイメージの企業でも、パワハラで女性社員を辞めさせたりは、以外と横行しているのかもしれません。

 それ以上に「男のくせに」といった一言で、男性社員も徹夜当たり前の酷使を受けたり、不当な料の残務整理を帰宅直前に渡されたりといった、パワハラ酷使もまだまだ残っているのかも知れません。

 『女工哀史』は、近代日本が明治以来、その状態を卒業できていないという事実の象徴でしょうか。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

♥♥♥タロット・前世療法【お客様のご感想】♥♥♥

「とってもはっきりしたビジョンが浮かんできて、おかげでスッキリしました。」
「(講演)途中から参加で、過去生がバッチリ出てきました。」(「ヒプノフェスタ2011」アンケートより)
「結婚できるかもしれないと希望が湧きました。」

★あなたに必要な解決策をズバリと導き出すタロット
★あなたが知りたい本当の自分・才能に目覚める前世療法

詳しくは、
DelightChannel
PC・携帯・スマホ全て同じアドレスでご覧頂けます

|

« 女工哀史は日本のブラック企業史 | トップページ | 女工哀史と高度成長期は、現在も続く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/59574544

この記事へのトラックバック一覧です: 女工哀史は現在も変わらない雇用意識の象徴:

« 女工哀史は日本のブラック企業史 | トップページ | 女工哀史と高度成長期は、現在も続く »