« 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 025 | トップページ | 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 027 »

2014年6月12日 (木)

陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 026

 昨日お話ししたとおり、私が朝鮮侵略を検証する中で、島原の乱首謀者、天草四郎に注目した理由は、明治天皇が天草四郎の子孫である可能性があるからです。

 島原の乱は、天草四郎が豊臣家と同じ千成瓢箪を旗頭としていたこと、そしてキリシタンというよりも、旧豊臣系の浪人達が、飢饉に苦しむ農民達を糾合して発生した形跡があることから、豊臣残党によるクーデターという性質が強いようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/島原の乱

 そして明治維新を代表する志士四十四人を撮ったとされる、フルベッキ写真の下段中央に、後の明治天皇に告示する容姿を指摘される、謎の青年、大室寅之佑が映っています。

Verbeck_picture

 もちろん、明治天皇は孝明天皇と、全く似ていなかったようで、血縁関係が疑われるようです。

 そして大室寅之佑と天草四郎の方が、むしろ似ているのかもしれません。

Amakusa

Oomuro

 そしてそうであるからこそ、大室寅之佑が明治天皇となったとき、天草四郎が千成瓢箪を旗印に掲げたのに倣い、桐紋を明治政府の象徴に据えたのではないでしょうか。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

|

« 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 025 | トップページ | 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 027 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/59802633

この記事へのトラックバック一覧です: 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 026:

« 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 025 | トップページ | 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 027 »