« TPPは思った通りの代物になるのか? | トップページ | 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 045 »

2014年7月24日 (木)

陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 044

 ここで一つ、朝鮮半島の古代王国「百済」と対立国「新羅」そして日本との、古代のいきさつが、近代に至る日本の朝鮮侵略に影を落としてきたか、それに関する古代人種考察を行っていきます。

 そもそも、朝鮮半島に百済と新羅が勃興するきっかけとなったのが、ユダヤ人がエブス人奴隷をつれて入植してきたことに由来すると思われます。

 そしておそらくは、高句麗もユダヤ系、伽耶はエブス人系が多い国だったと推測できます。

 そして百済と新羅の対立が激化した理由は、百済ではユダヤ人を中心に、朝鮮半島原住民の中でも生粋のクロマニヨン人と交わりながら成立したのに対し、新羅はユダヤ人に反旗を翻したエブス人と、朝鮮半島内で差別されていた、ネアンデルタール人の血が濃い人々を中心に形成された、と考えられます。

 当時は日本にも、ネアンデルタール人の遺伝子を継ぐ民が蝦夷民と呼ばれていたので、蝦夷民の中にもエブス人が混ざっていった可能性があります。

 そうです、後に百済系の日本移民達が憎む「鬼」とは、新羅や伽耶の民であり、日本の蝦夷民でもあり、そしてその背後には、ユダヤ人移民のエブス人への差別意識、そしてクロマニヨン人のネアンデルタール人への差別意識があります。

 醜い人を指す「ブス」という言葉は、エブス人への差別用語を思わせますし、そもそも「醜」とう字に「鬼から産まれた」という意味があります。

 つまり、日本を操って朝鮮半島を我が物にすることへの、百済・藤原・南朝系の野望の原型は、生粋のクロマニヨン人・ユダヤ人の、ネアンデルタール人・エブス人への差別にあったと言えます。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

|

« TPPは思った通りの代物になるのか? | トップページ | 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 045 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/60035297

この記事へのトラックバック一覧です: 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 044:

« TPPは思った通りの代物になるのか? | トップページ | 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 045 »