« 地球に何が起こっている? | トップページ | いじめは終わりのない問題 »

2014年7月27日 (日)

地方の土豪の出生

 最近、井伊直虎公に興味を持ち、『女(おなご)にこそあれ次郎法師』や『剣と紅』を読んでいて、井伊家の祖、井伊共保公が、捨て子だったとされているというエピソードが出てきました。

 実は、こうした土豪や、後の大名の起源となった人物には、ある出生の秘密が隠れている可能性があります。

 それは、当時の厳しい身分制度故に、皇位継承で問題となることですが、皇子の母親が公家出身であれば問題ないのが、女官が母親である場合「卑母の出」と呼ばれ、不利になる場合がありました。

 それは例えば、現在のNHK朝ドラ『花子とアン』の主要キャラ、後の柳原白蓮女史が、今上天皇と美智子妃殿下のご成婚に反対したことも、そうした身分制度の名残と言えます。

 そして皇位継承順位の低い皇子が、一般市民以下の階級の女性に、結婚前提でなく孕ませた子供の扱いは、更に難しかったでしょう。

 となれば、地方の土豪の子供として、養子に出されるケースも多かったのではないでしょうか。

 だからこそ、後に天皇のご落胤説が囁かれる武将もいたと言えます。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

|

« 地球に何が起こっている? | トップページ | いじめは終わりのない問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/60050923

この記事へのトラックバック一覧です: 地方の土豪の出生:

« 地球に何が起こっている? | トップページ | いじめは終わりのない問題 »