« ジャストシステムはハメられた? | トップページ | 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 042 »

2014年7月14日 (月)

確かに似ている

 昨日の「サンデーモーニング」「風をよむ」コーナーでも挙げられていましたが、最近の脱法ハーブブームは、清国が英国の侵略を受けた「アヘン戦争」に似た、社会不安が背景にあると言えます。

 ということは、この人心破壊の果てには、世界陰謀の最終仕上げが待っているのでしょうか。

 米中枢同時多発テロ以降、世界陰謀のやり口はどんどん見え透いて、かえってその露骨さに悪意を感じさせるようになってきました。

 つまり、連中だけが宇宙脱出するアリバイとして、日本人の堕落が、人類史の汚点として、末尾に晒されるのでしょうか。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

|

« ジャストシステムはハメられた? | トップページ | 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 042 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/59982820

この記事へのトラックバック一覧です: 確かに似ている:

« ジャストシステムはハメられた? | トップページ | 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 042 »