« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

日本の将来と、安倍政権の危険性を考える一冊

 小泉政権による謀略冤罪に苦しみながら、日本の本来在るべき経済を分析し、訴え続ける、植草一秀教授の新刊が出ています。

 現実問題として、日本の不景気と、ごまかされている日経平均株価指数など、安倍政権の詐術の数々は、日本そして世界にとって有害です。

 この一冊がきっかけで、日本が良い方向に向かうことを祈っています。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月30日 (土)

巨大地震や巨大台風が叫ばれる中の熱帯性ウィルスなんて

日本に迫る“熱帯ウイルスの恐怖” 西ナイル熱、マラリア、黄熱

 本当にこんな三重苦、巨大地震や巨大台風が叫ばれる中の熱帯性ウィルスなんて東京に来たら、死者200万人とか、大惨事が予想される。

 今から身の安全考えないと、追いつかないと思ってしまいますが、今から考えても手遅れ、あるいは考えても追いつかない、という最悪の予想もあります。

良かったらポチッと押して下さい。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月29日 (金)

アメリカによるアメリカのための反米イズム

米国人戦闘員「最大100人」=シリアの過激派に合流


 こうした反米武闘派組織に加わる外国人傭兵と言えば、今までなら中東系や黒人、アジア人が多いというイメージがありました。

 しかしながら昨今は、白人が一部含まれるようになったことが、欧米政府にとってショッキングな事態として取り上げられています。

 もしかすると、かつて世界陰謀が日本で行った、開国派と鎖国派という形の、分裂症心理実験が、欧米を壊し始めている兆候かもしれません。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

続きを読む "アメリカによるアメリカのための反米イズム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月28日 (木)

原発利権の化けの皮が剥がれた

 原発は従来、火力発電や水力発電より、経済的とされ、地方に誘致されてきました。

 しかしながら実態は、地域にばらまく予算、安全管理装置の設置および維持費、そしてその管理団体に天下る電力会社幹部・官僚の報酬を考えると、火力発電の三倍前後の経費がかかっています。

 そして海水を冷却に使用するため、海水内に含まれる二酸化炭素の量を急上昇させていて、海水温上昇、そして海水の二酸化炭素飽和限界量を超える放出を続け、生態系や環境を破壊しているのです。

 もしかしたら、昨今の地震多発や、気象異常にも、関係しているかもしれません。

 その利権を手放さないために、国は天下り先の管理団体に、税金から巨額の費用を毎年出費しているのです。

 つまり国は、原発利権に税金を貪って頂くために、国内に権力を行使している訳で、日本国を原発利権の植民地にしているのです。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月27日 (水)

日本の防災

<日本海津波予測>北海道自治体「想定以上」に驚き

 マグニチュード7以上の地震が発生した場合、海岸地域の殆どの自治体で、1分から3分前後で、5メートル以上、あるいは10メートル前後の津波が到達する恐れがある、との調査報告がありました。

 日本の防災は、江戸時代あるいはそれ以前の知識の集積も学びながら、新しい地震学にも学び、考えていかなければならないでしょう。

 にしても、何故東日本大震災では、到達に30分以上がかかったか、そしてそれが人工地震の兆候であり、地震波形も人工地震に酷似していたのか、気になります。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月26日 (火)

陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 051

 昨日は、明治天皇の体格が、昭和天皇とそのご子息達と比べ、余りにも大柄だったということが、昭和天皇が明治天皇の血を引いていない可能性に繋がることを述べました。

 つまり、ペリーによる強引な開国の時点で、日本を太平洋戦争に巻き込み、朝鮮を侵略したテロ国家に仕立て上げ、原爆を投下することにより、欧米の植民地時代に幕引きを図るところまで、世界陰謀の既定路線となっていた恐れがありました。

 そして明治天皇がもし、私が再三述べているように、南朝や豊臣家の流れを汲む天皇であれば、明治維新で即位し、その後太平洋戦争で敗北する日本に、敢えて自分の子孫を天皇にしなかった理由は、日本そのものへの恨みと考えられます。

 これは藤原氏のやり口として、関裕二氏も言及していますが、日本古来の神を「韓国神社」に祀り、百済から渡来した神を、日本古来の神として祀るなど、本当は国賊かもしれない存在を、国父として祀るやり方は、日本を蔑視する伝統的手口です。

 それはまた、例えばGHQが、日本の祝日を戦犯処刑日にするなど、日本人の精神的よりどころを辱め、呪うやり口です。

 そして近年の天皇の内、祭神になったのは明治天皇だけで、大正天皇や昭和天皇を祀る神社は存在しません。

 つまり明治天皇は、南朝、豊臣家、そして天草四郎が、日本の中央から追われた恨みを、自らが明治天皇として即位し、南朝正当論を唱えることで晴らしただけでは気が済まなかったのでしょう。

 だから朝鮮侵略のテロ国家として、アメリカに敗戦して人間宣言をさせられるというツケの部分は、敢えて北朝系の天皇家に回して、自分の子孫を海外のタックスヘイブンに逃したのかもしれません。

 つまり、南朝が神に上げた天皇家を、北朝が下げた、そして南朝正当論後に返してやったから、日本皇室の正当性にミソを付けてやった、そして今度は南朝天皇家の方こそ、価値のなくなった日本に後塵を浴びせながら去った、という嫌がらせの既成事実を作りたかったのではないでしょうか。

 そして日本人を腹の底から軽蔑しているからこそ、明治神宮の祭神になろうとしたのではないでしょうか。

 守り神になるためではなく、自分にお参りに来る日本人の空疎さを、未来永劫、距離を置いて笑いものにするために。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月25日 (月)

陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 050

 昨日は、明治天皇の体格が、それまでそしてその後の皇室の方々と比べて、余りにも大柄で屈強だった、という話をしました。

 続いて、大正天皇は、明治天皇の夜遊びが過ぎたせいで、生まれつき脳梅だったという噂があり、短命でした。

 そして昭和天皇、今上天皇、そして浩宮殿下と、その後の皇室の主要な男性は、明治天皇の巨漢ぶりが信じられないほど、小柄な方々が続いています。

 つまり、お三方には、明治天皇の血を引いていない、という可能性が浮上します。

 さらに言えば、明治天皇即位の時点で、日本は朝鮮侵略の罪を着て、世界陰謀にボロボロにされると分かっていたはずなので、その共犯者だった明治天皇は、自分の本当の子孫を、もっと安全な国に逃がしているかも知れません。

 もしかしたら、アメリカのユダヤ財閥にまざって、ケイマン島で遊んでいるかもしれません。

 その場合、その後の日本がボロボロになると分かって即位した昭和天皇は、本当に陸仁親王の血を引いている可能性も浮上しますが(その場合余計に、明治天皇の血を引いていないということにもなります)。

 そう考えると余計に、明治天皇は日本を救うためではなく、南朝系藤原氏が、日本に復讐する為に、即位させたという恐れがあります。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 049

 ところで、今回のある疑惑検証に伴い、ここで一つ芸能ネタをお送りします。

 それは、女優・タレントの、すみれさんです。

 すみれさんは、石田純一氏と松原千明さんの間に生まれた娘さんで、ハワイで過ごした時期が長いためか、御両親を上回る長身と、屈託のない性格が魅力です。

 私がここで、すみれさんを例に出して、ある疑惑検証を行う上で言いたいのは、成長期の主要な時期を、日本国外で過ごすことで、両親を上回る、果ては日本人の平均を上回る体格に成長する場合がある、ということです。

 そして私が検証したい疑惑の対象、それは明治天皇です。

 孝明天皇の息子、陸仁親王は、小柄で病弱と言われていました。

 それが明治天皇には、身長180センチ、体重90キロという、当時の日本人としては信じられない巨漢で、乗馬や相撲が得意で、性豪自慢までしていた、とさえ言われています。

 つまり明治天皇のこうした人物像については、二つの説が考えられます。

1. 明治天皇は陸仁親王その人で、人物像の方がねつ造

2. 陸仁親王と明治天皇は別人

 そして2の説を考える上で、この体格と性格の描写からして、主要な若い時期を、日本国外で育った疑惑が生じます。

 そして以前私はここで、これらの説を検証し、明治天皇が豊臣家そして天草四郎の子孫ではないか、という可能性を指摘しました。

1. 豊臣秀頼は秀吉の実子ではなく、南朝系天皇家の人間との子

2. 天草四郎が豊臣家の末裔を名乗っていた可能性がある

3. 天草四郎がフィリピンの日本人街に亡命した痕跡がある

4. 薩摩藩が江戸時代にフィリピンとの密貿易を行っていた

5. 薩長土肥による明治政府が、豊臣家をリスペクトしている

 つまり薩摩藩が、フィリピンにいた天草四郎の末裔とコンタクトを持つ機会があり、そして大室寅之介(明治天皇にすり替わったと言われる人物)がフィリピンで育ったために、日本人離れした体格になった、という可能性があります。

 つまり明治天皇(大室寅之介)は、南朝天皇家=豊臣家=天草四郎の末裔で、フィリピンの日本人街育ち、という可能性です。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月22日 (金)

いい加減にしろ!

日本のカジノに最大1兆円 米MGMリゾーツCEO、大型投資表明

 アメリカや中国、その他の国を観ても、ギャンブル場というのは、ある特定の地域に固まって存在しています(今ではネットでも出来ますが)。

 しかしながら日本は、殆どの駅前や、多くの商店街に、パチンコ屋や宝くじ売り場があり、新宿などの主要駅には、競輪や競馬の券の売り場があります。

 つまり日本、特に東京を始めとする都市部は、だらだらとした慢性的なギャンブル大国と化しているのです。

 この上に思いついた景気浮揚対策が、カジノだなんて、発想貧困も甚だしい!

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

欧米覇権主義の膿

米国のイラク空爆続行 中国が反対していない理由とは何か


 そもそもは、部族・宗派で国境を上手に分けていた中東諸国の国境を、クルド人が少数派としてイラン・イラク・トルコ・シリアに組み込まれるよう、クルド人国家を分割して、宗派や部族が入り交じるように、イギリスが国境を引き直したことが原因なのです。

 つまり、それらの宗派や部族の対立から、中東国家が永遠に解放されないように、イギリスが植民地支配した結果なのです。

 しかもそのツケを、集団的自衛権行使という名目で、日本にも払わせ、国際的信頼を失墜させようという陰謀が、安倍政権なのです。

 私たちが思っている以上に、中東問題が日本に影を落とすかも知れません。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

続きを読む "欧米覇権主義の膿"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

日経株価指数の何かが狂っているとしか思えない

日経平均株価 8月 20日 15:2820分ディレイ株価

 15,454.45円 前日比+4.66(+0.03%)

 この数字がにわかに信じられないことに、多くの優良企業の株価が、今年の1月頃に比べ、7割から8割程度の株価に下落しています。

 実際に、巷で好況感を感じている人も、少ないのではないでしょうか。

 例えば、こんな調査結果もあります。 

<仕事のやりがい>日本が世界最下位に リンクトイン調査

 どうも日経平均株価だけが単独行して高値を維持しているようです。

 円も「悪い円安」パターンに陥っているようです。

 どうやら、気をつけないといけないようです。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月19日 (火)

2014年08月25日発行予定『明宮旦佳のDelight通信』予告

 明宮旦佳のブログ、ならびにメルマガ『明宮旦佳のDelight通信』をお読みの皆様。

 父の逝去より半年余りが経った節目として、『明宮旦佳のDelight通信』次号より、特集「延命について:私の実体験」をお送り致します。

まぐまぐ無料メルマガ『明宮旦佳のDelight通信』登録ページ

 肉親やご友人、そしてご自身が、これから延命するか否かについて悩まれている方と、私の実体験を共有していきたいと思い、特集を決意致しました。

 かなり苦しい体験も公表しますが、これも延命のリアルという形で、お読み頂ければ幸いです。


良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 048

 久しぶりにこの特集に関する記事を書くに当たり、以前ある書籍で読んだことを思い出し、日米開戦がやはり、世界陰謀の枠内で生み出され、その伏線として朝鮮侵略が挙行された、という確信を深めました。

 というのは、東京大空襲が完全な無差別爆撃ではなく、フリーメーソン関連施設を避けて行われていた、という証言があるからです。

 その本の名前を忘れてしまったので、大変失礼しましまた。

 後日その署名も掲載し、改めて施設名なども取り上げます。

 とにかくも、それが純粋な戦闘行為だったというカモフラージュのため、日本の対空防衛機能が徐々に破壊され、爆撃機の安全が確保されたのを確認の上、フリーメーソン関連施設を避け、小学校などの生活圏を集中的に爆撃するために、低空飛行爆撃を行った、という事実があります。

 そしてそれらを承知の上で、朝鮮侵略から始まる日本の近代化を、内部から操った勢力が、古代から当時、そして現在にも関与しています。

 そのマインドコントロールの危険性を、少しでも解明しておこうという試みが、この特集の主旨です。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

そもそも何故日米開戦があったか、という心理分析2

 先日述べたとおり、アメリカ建国は、それまでヨーロッパでのマウンティングに負けてきたアメリカ人が、アメリカ先住民を虐殺したことがきっかけで、それを自分たちの正義、マウンティングに変えてゆくことが止められなくなった、という所から始まっています。

 そしてそれは、一部の先住民の抵抗などを見ての通り、勝手にマウンティングを挑まれ、最新の武器を行使され、差別され、伝統を剥奪されることは、きわめて迷惑なことだったのです。

 そして軍事力に勝るアメリカに、勝手にマウンティングを挑まれることは、ハワイやフィリピン、黒人、そして日本にとっても、迷惑な話だったのです。

 黒船による強引な開国と不平等条約というマウンティングによって受けた鬱憤は、当然アジアをそこから解放したいという願望と、それを押しつけた結果として、李氏朝鮮や清国に自ら迷惑なマウンティングを押しつけた、悲劇の歴史を生み出しました。

 そして太平洋戦争開戦は、アメリカ先住民の反乱と同じく、「鬼畜米英」や「敵制語禁止」といった、アメリカ的な物に対する嫌悪を表現する機会であり、つまりはマウンティングを一方的に仕掛けられたことへの屈辱を晴らしたいという衝動でした。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土)

そもそも何故日米開戦があったか、という心理分析1

 今回の投降は、内容的に心理分析と史学の双方に当たるため、当ブログ「浪漫の会」と、占術・神秘・心の研究ブログ「DelightChannel」合同企画とします。

 近年、子供のいじめや、それ以降の世界でもやたらに人を負かしたがる傾向について、フロイトが「肛門期サディズム」と呼んだ心理を、動物の習性にすり替えて「マウンティング」と呼び替えていることがあります。

 そしてこのマウンティングこそが、欧米覇権主義の原動力であり、アメリカを軍事大国に変えたエネルギーでもあります。

 そしてアメリカは、ピルグリム・ファーザーと呼ばれるプロテスタントの人々が、建国の父であると言われています。

 しかし彼らは、カトリック全盛だったイギリスから追われ、保護されたオランダでも難民扱いで生活が苦しかったことを「オランダ人には宗教観がない」という捨て台詞と共に去ったのです。

 つまり、彼らが2度、本国から逆説的に侵略された民であった、言い換えるなら今のパレスチナ難民と同じ立場だったことが、彼らを被害者意識の塊にしたことが、後のアメリカンネイティブ虐殺を生み出したのです。

 ぶっちゃけて言えば、ヨーロッパでのマウンティングで負け組だったピルグリム・ファーザーの八つ当たりが、アメリカンネイティブや黒人、そしてアジア人へのマウンティングと化していったことが、アメリカを軍事大国に変え、そして日本を反米戦争に駆り立てたのです。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

日本人の正直な気持ち

首相、今年も加害責任に触れず…戦没者追悼式

 自民党政権のアジアに対する態度や、集団的自衛権、そして沖縄の基地移設といった問題を見ていて、安倍政権への反発が強まってきたのは、それが日本人本来の気質に合わない、押しつけられた思想だという実感が強くなってきたからだと言えます。

 岸田秀教授の精神分析曰く、媚米的な集団的自衛権は、アメリカのための派兵というのが見え見えで、何とも気持ち悪いのです。

 その原点こそ太古の昔、天智天皇の黎明期に遡りますが、皇位継承権順位が低かった天智天皇が、百済の豊璋王子=中臣鎌足に唆され、乙巳の変と呼ばれるテロクーデターを起こしたことにあります。

 そのとき、蘇我氏・物部氏が推し進めてきた並行外交を破棄し、百済の為に新羅・唐と戦争できる国に、日本を変えようとした改悪を、中臣鎌足の息子である藤原不比等が、後に「大化の改新」と読み替えたのです。

 こうした政治の嘘が、今もほぼそのままの形で、百済をアメリカにすり替えて、生きながらえているということ、そしてそれが69年前の悲惨さにも通じるという実感が、日本人の中で強くなっているのです。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

予想通りの消費増税の悪影響

<GDP>消費増税の反動 年率6.8%減 4~6月期


 これは単に予想通りですが、これからの庶民経済は、買うべきは買う、買うべきでない物は代用物で済ませるが、徹底してくるのではないでしょうか。

 部屋の中の不要物を見ても、多くの人が不要物をてんこ盛りで買ってあるのを忘れて、また買っています。

 それをなくせば、家計は助かりますが、もっと安易に物を売りたい、大量消費誘導型経済は、これを契機に変化してゆく可能性もあります。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

テロか、という不安がついよぎる・・・

コラム:エボラ熱、過去最悪の感染はなぜ起きたのか

 今回の大量感染のような事態が発生すると、現在の世界に人々はつい、テロを疑ってしまうかもしれません。

 私自身、そうした不安がよぎっています。

 テロには2種類あります。

 一つは赤テロで、これは弱者が権力にたてついて起こす、暴動や破壊行為です。

 もう一つは白テロで、こちらは権力者が弱者を虐げたり、他国に侵略戦争を吹っかけたり、圧倒的な軍事力で恫喝する行為です。

 例えば、原爆投下や、インディアンの虐殺も、白テロに類します。

 ですので、今回も地元の反政府勢力(赤テロ)や、兵器実験(白テロ)などを疑いますが、真相は分かりません。

 ただ、そうでないことを願うばかりです。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

こういう人がいるから困る

自民・土屋議員が長崎市長の「平和宣言」を批判、集団的自衛権言及で

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140811-00000029-jnn-pol

 やっぱり、日本はアメリカへの卑屈さと、嫌悪との間で引き裂かれているという、岸田秀説は本当なのだろう。

 原爆は悪、ということを配信するべき日本ですが、それがアメリカ批判になるという恐れから、本来言うべきことまで黙ってしまうのでしょう。

 長崎市長の勇気ある発言を、武蔵野市より選出された土屋議員が批判する構図は、原爆が悪という事実と向き合えない国政が、地方にその鬱憤を転嫁したがっている、根本的な過ちを見せつけるものです。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 9日 (土)

やっぱりね

<イラク空爆>経済利権死守も狙い…米大手、油田開発

 現在イラクと呼ばれている国境線は、クルド人がイラン・イラク・シリア・トルコのマイノリティになり、スンニ派・シーア派がこれらの国々で絶えず争うように仕向けるために、欧米が侵略・植民地支配した際に、故意に引き直した物です。

 そしてサダム・フセインのような人物が、泥沼を強引にまとめ上げようとすれば、テロリストとして外圧や攻撃を受け、不安定にさせられるというのが、現在の中東情勢です。

 そしてイスラエルも、中東の不安定化のために利用されていると言えます。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

昨晩ゴキブリと格闘して、悲しいことに気づきました

 思えば原爆投下・敗戦の夏。

 昨晩、食器棚にゴキブリがいたのを見つけて、ハンドソープをぶっかけて殺そうとしたとき、悲しいことに気づきました。

 当然、ハンドソープですから、十回くらいかけようとしても命中せず、周囲の壁を石鹸まみれにするばかり。

 その間、ゴキブリは微動だにせず、次第に周囲にかかった石鹸の影響で動きがおかしくなったところで、ようやく上からかけたものの、物影に逃走されました。

 後でハンドソープをティッシュで拭き取りながら気づいたのですが、そのときゴキブリは、戦中の日本人には出来なかったリスクマネージメントが、きちんと出来ていたのです。

 TBSのニュース23でも、広島の女子校では、原爆投下の一ヶ月前から、空襲の危険性を考え、屋外作業をせずに建物疎開したいと申請していたところ、軍部から却下され、8月6日、ほとんどの生徒が亡くなられた、という話が出ていました。

 つまり当時の軍部は、被害を押さえながら戦うという鉄則を見失っていた訳で、前述したゴキブリ以下の知性で、アメリカと戦っていたと言えなくもありません。

 言葉が過ぎたのであれば、こうも言い換えられますが、岸田秀教授の心理分析に照らしてみても、日本の軍部は戦国武将が必死に考え抜いていたリスクマネージメントが、まるで出来ない分裂症的集団だったと言えます。

 戦争の歴史を反省すると言うことは、その病理を見つめ直すことではないでしょうか。

良かったらポチッと押して下さい。


にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

今年の地球はどうしてしまった? 3

 連日の猛暑日、皆さんいかがお過ごしですか。

 気象予報も、まるで連日記録更新のようで、風通しの良い部屋にいても汗が止まらなくなります。

 これも、最近の地震が多発する原因である、海水蒸発量の増加なのでしょうか。

 そう考えると、気象兵器によって気温を上昇させると、世界的に地震が多くなることになりますが。

 いずれにせよ、いろいろ注意が必要な時期ではあります。

 思えば、こんな時に原爆投下や終戦があったんだ、とふと悲しくもなります。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

またあの日がやってきた

 最近地震が多いとか、世界陰謀と朝鮮侵略の関係について、考えていたら、気がつけば原爆投下の日。

 10代のおよそ5人に4人が、8月6日が何の日か、もう分からなくなっているという調査もあったようです。

 恐ろしい記憶ですが、それを忘れたとき、人類に何が起こるか考えると、なおさら恐ろしい。

 そんな思いを新たにする、8月6日です。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

今年の地球はどうしてしまった? 2

 つい2日前、このことについて書いたばっかりだというのに、中国の地震被害規模も日に日に大きくなっている。

今年の地球はどうしてしまった?

 何十年に一度の地震が、一年間にこうも多発するなんて、何が起こっているのだろうか?

 海水の重さ減少としても、余りにも多すぎる。

 まさか作為的に、地球の造山活動が以上活性化されているのだろうか?

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

歴史は世界陰謀から学べ!

 これは私もそうですが、受験的な歴史の暗記、要するにイベント名と年号(数字)の記憶が苦手な人は、中学・高校時代に、そんなに歴史や政治に関心がなかったりします。

 しかしながら、その背後になる筋書きが見えてくると、俄然頭に入ります。

 それならいっそ、世界陰謀から歴史を教え始めた方が、歴史や政治の知識が深い学生も増やせますし、何より柔軟な思考で、現代に至る集団心理も考えられるようになるかと思います。

 しかしながらそれこそが、世界陰謀にとって不都合であったからこそ、近年嘆かれるような日本人の民度低下が、恣意的に引き起こされたと言えます。

良かったらポチッと押して下さい。

<

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

今年の地球はどうしてしまった?

<地震>ニューギニア付近でM7.2 日本への津波影響なし


 今年はM7以上の地震が、世界的に多発しているようです。

 亡き父の理論では、海水温が上昇すれば、当然海水が地球にかけている重みが減ることになります。

 だからこそ、押さえが弱くなり、マグマによる造山活動が活発化している、ということにもなるのでしょうか。

 それとも・・・

良かったらポチッと押して下さい。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 2日 (土)

戦闘行為の現実

マレーシア機撃墜 墜落現場で親露派が略奪、携帯やクレジットカード…


 これが戦闘行為の現実。

 日本は戦国時代にこれをイヤと言うほど知ったからこそ、徳川太平の世を求めた、というのが、岸田理論。

 そこに日本人が求めたものを、再評価してもいいのではないでしょうか。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

『絞り出しものぐさ精神分析』を読んで改めて思う 01

 これは特集「陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略」のテーマなのですが、岸田秀教授の説による、鎖国派と開国派の確執が、朝鮮侵略を通じて日本を操る、世界陰謀の思惑と連動し、日本に対するマインドコントロールになっています。

 つまり、織豊政権を明治政府と同じ開国派と見なせば、必然的に「日本を百済の為に戦争出来る国に改める」テロを起こした天智天皇が、後世の開国派政権の原点と見なされることになります。

 そして明治政府は、江戸時代にはそれほど顧みられなかった天智天皇と中臣鎌足、南北朝における南朝、そして豊臣秀吉を称揚しました。

 つまりこの流れこそ、岸田教授説による「開国派」の流れであり、そして日本を李氏朝鮮侵略へと操った悪意の源流が、天智天皇・中臣鎌足の、百済再興への執念にあると言えます。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »