« 日本の防災 | トップページ | アメリカによるアメリカのための反米イズム »

2014年8月28日 (木)

原発利権の化けの皮が剥がれた

 原発は従来、火力発電や水力発電より、経済的とされ、地方に誘致されてきました。

 しかしながら実態は、地域にばらまく予算、安全管理装置の設置および維持費、そしてその管理団体に天下る電力会社幹部・官僚の報酬を考えると、火力発電の三倍前後の経費がかかっています。

 そして海水を冷却に使用するため、海水内に含まれる二酸化炭素の量を急上昇させていて、海水温上昇、そして海水の二酸化炭素飽和限界量を超える放出を続け、生態系や環境を破壊しているのです。

 もしかしたら、昨今の地震多発や、気象異常にも、関係しているかもしれません。

 その利権を手放さないために、国は天下り先の管理団体に、税金から巨額の費用を毎年出費しているのです。

 つまり国は、原発利権に税金を貪って頂くために、国内に権力を行使している訳で、日本国を原発利権の植民地にしているのです。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

|

« 日本の防災 | トップページ | アメリカによるアメリカのための反米イズム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/60222076

この記事へのトラックバック一覧です: 原発利権の化けの皮が剥がれた:

« 日本の防災 | トップページ | アメリカによるアメリカのための反米イズム »