« 日経株価指数の何かが狂っているとしか思えない | トップページ | いい加減にしろ! »

2014年8月21日 (木)

欧米覇権主義の膿

米国のイラク空爆続行 中国が反対していない理由とは何か


 そもそもは、部族・宗派で国境を上手に分けていた中東諸国の国境を、クルド人が少数派としてイラン・イラク・トルコ・シリアに組み込まれるよう、クルド人国家を分割して、宗派や部族が入り交じるように、イギリスが国境を引き直したことが原因なのです。

 つまり、それらの宗派や部族の対立から、中東国家が永遠に解放されないように、イギリスが植民地支配した結果なのです。

 しかもそのツケを、集団的自衛権行使という名目で、日本にも払わせ、国際的信頼を失墜させようという陰謀が、安倍政権なのです。

 私たちが思っている以上に、中東問題が日本に影を落とすかも知れません。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

|

« 日経株価指数の何かが狂っているとしか思えない | トップページ | いい加減にしろ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/60184722

この記事へのトラックバック一覧です: 欧米覇権主義の膿:

« 日経株価指数の何かが狂っているとしか思えない | トップページ | いい加減にしろ! »