« ITビジネスがブラック化し易い理由 | トップページ | 芝居がかってきた世界情勢 »

2014年9月18日 (木)

それでもスコットランド独立は果たして欲しい

 これはもちろん、日本人という外野が積極的に語ることではないかもしれません。

 しかしながら、スコットランド独立という夢には、共感せずにいられません。

 私はタロット占いをやっているのですが、占術・神秘・心の研究ブログ「DelightChannel」での占断結果は、はなはだ残念なものでした。

 イギリス側が「独立したらポンドは使わせない」など、圧力をかけているので、それが決定要因になりかねない、と言えるでしょうし、また僅差ながら無回答の有権者が結局反対に転ぶ、という展開も考えられます。

 しかしながら、スコットランドは元々独立国でしたし、それがイギリスに侵略・植民地化されて加わったため、イギリス本国から私たちが見ている以上に、差別されてきた地域でもあります。

 悲願成就、何とか実現して、それがスコットランドの人々にとって、最良の結果であれば良いと、私は思っています。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット&占星術・グループヒプノは DelightChannel へ。

|

« ITビジネスがブラック化し易い理由 | トップページ | 芝居がかってきた世界情勢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/60334312

この記事へのトラックバック一覧です: それでもスコットランド独立は果たして欲しい:

« ITビジネスがブラック化し易い理由 | トップページ | 芝居がかってきた世界情勢 »