« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月27日 (木)

陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 068

 私はここで、日本の朝鮮侵略に影響を及ぼした書籍の一つと呼ばれる「水戸学」が、あくまで武家の潜在的な敵対勢力としての「南朝」の心情分析であり、それが幕末に曲解された、という説を取っています。

 そして徳川家康が、腹心の井伊直政に、石田三成の旧領であった彦根を与えた理由は、石田三成の背後に南朝の存在があり、それが豊臣秀吉を朝鮮出兵に駆り立てた可能性を、調査させる為だったと言えます。

 そしてそれと呼応する様に、井伊家が徳川家の肝いりで、不可解な人事を行っています。

 井伊家が徳川氏に仕える直前、ちょうど織田信長が猛威を振るっていた頃、井伊家は今川の配下でしたが、武田との同盟を重視する今川氏に嫌疑を掛けられて冷遇され、井伊家直流の男性達や、多くの家臣達を失い、井伊直虎公は今川氏真によって改易され、さらに領土回復後には、武田信玄の猛攻によって、井伊谷は壊滅します。

 これら一連の受難の後、井伊直虎公は井伊直政公を、徳川家康公に仕官させ、直政公は家康公の警備をはじめ、合戦や政治でも手腕を発揮し、関ヶ原では「井伊の赤鬼」として、精鋭大部隊を率いる侍大将となりました。

 そして井伊直虎公の改易に際し、直虎公と共に今川に抵抗したのが、「井伊谷三人衆」と呼ばれる土豪で、後に直政公の下で活躍しました。

 しかしながらその一人、鈴木重時の息子、鈴木重好は、水戸家の家老としてヘッドハンティングされました。

 しかもその当初は、高齢による引退であるとか、彦根城築城での粗相による解雇などの理由が挙げられるなど、いささか乱暴な理由が述べられたとう説がある割には、むしろ禄高も高い水戸家への栄転と言える転勤となり、正直現代人が考える、シルバーのお仕事や天下りとは、明らかに一線を画したヘッドハンティングでした。

 それだけ重大な人事異動だった割に、徳川家と井伊家が口裏を合わせて、大した人事ではないような説が伝わったのは、もしかしたら鈴木重好が、密命を帯びていたからではないでしょうか。

 そして転属先が水戸藩の老中、ということは、井伊家が行った石田三成の調査結果を、水戸藩に届ける為に転属した、と見ることが可能です。

 そしてそれによって成立した「水戸学」が、南朝の心情を精査に分析したものであった、ということは、少なくとも石田三成の背後に南朝があり、それ故に石田三成が、南朝の存在感を示すために、豊臣秀吉に朝鮮出兵を唆した、と見て間違いないでしょう。

 あるいは、豊臣秀頼が、淀君と石田三成がなした不義の子、という説もありますが、もしかしたら石田三成自身が南朝の皇子で、秀頼には南朝皇子の資格があった、というオチかも知れません。

 そして豊臣秀吉が、南朝皇子の建前上の父親となったという認識が、どこかであったからこそ、征夷大将軍ではなく関白に任ぜられた、と見られるのではないでしょうか。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット&占星術・グループヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 067

 日本の朝鮮侵略と言えば、それに影響を及ぼした書籍の一つとして、水戸藩が編纂した「水戸学」が挙げられ、そのため一部では、徳川家康が南朝天皇に天下を譲位する、という説も上がっていました。

 しかしながら、この説には疑問があり、私はむしろ、武家政権にとって潜在的な国内の敵対勢力である南朝の、心理分析を試みたと考えています。

 徳川幕府は基本的に、大名達の合意によって成立した部分が大きく、そして大名は元々、藤原氏の支配が弱まったのに乗じて台頭した、地方の独立武装勢力です。

 しかも北朝を指示した今川氏は、徳川と同じ(と徳川が詐称しているという疑惑もある)源氏の流れを汲んでおり、徳川家康も北朝皇室との関係を重視しています。

 ですので、大名達だって、南朝を今更蒸し返されたところで、訳が分からなかったでしょうし、徳川家康自身がむしろ、疑問に思っていたはずです。

 そして家康がそんな時になって、南朝を気にしだした契機は、豊臣秀吉の朝鮮出兵だったのかもしれません。

 はじめに、徳川幕府が李氏朝鮮と国交正常化するに当たり、豊臣秀吉が何故、朝鮮出兵を行ったか、その背景を調査した可能性が高いでしょう。

 朝鮮出兵は、豊臣配下の大名達を疲弊させ、何の収穫もないままの撤兵という、日本の惨敗に終わり、褒賞も当然与えられなかったことから、石田三成が大名達の恨みを買い、豊臣家滅亡の原因と成りました。

 つまり徳川家康から見れば、何が豊臣秀吉を自滅的戦争に駆り立てたのか、気になっていたはずです。

 そして関ヶ原の合戦後、徳川家康は腹心の井伊直政を、彦根に配属しますが、それも石田三成が朝鮮出兵を唆した可能性を考え、石田三成の背後を調査させる目的もあったかもしれません。

 そしてたどり着いた結論は、南朝が自身の存在感を示すだけの目的で、大名を使い捨てにする様な朝鮮出兵を、豊臣秀吉に示唆したという可能性だったのではないでしょうか。

 ですので、徳川家康が南朝に譲位するために「水戸学」を編纂したという仮説には、矛盾がある様に思え、むしろ李氏朝鮮に恨みをぶつける為に大名を使い捨てにし、その犠牲からも利権を得ようととする、日本の武家にとっても潜在的な敵対勢力として、南朝を捉えていたのではないか、と考えられます。

 であるからこそ、今川家や吉良家などの主要な足利氏の分家が、大名としての地位こそ失ったものの、旗本として存続することを許され、そして徳川幕府が北朝皇室を尊重し、李氏朝鮮と国交正常化するという、後の明治政府と真逆の政策を重視したと言えます。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット&占星術・グループヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

安倍政権はAKBと同じ

 最近、AKBのスキャンダルで、売り文句だった交際禁止を破っている例や、未成年飲酒などが取りざたされていますが、そうした公約をなし崩しにして、どうでもいいけどとにかく売れているという状態を是認させてしまうことが、ある種日本人を毒してきたマーケティングなのかも知れません。

 というのも、安倍政権が今まで、一体幾つの選挙公約を破ってきたのか、途方に暮れてしまいますし、そもそもアベノミクスが幻影だと分かった時点で、国民はもっと怒るべきです。

 もしかしたらAKBも、公約違反がいつの間にか常識になるというマーケティングを根付かせるための、ツールなのかもしれないのではと、このタイミングだとつい疑ってしまいますが。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット&占星術・グループヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

『明宮旦佳のDelight通信』第25号発行しました

 『明宮旦佳のDelight通信』第25号、特集「延命について:私の実体験07」、只今発行しました。

 今回は、昨年9月より、警察病院から看取り病院に転院した経緯を書きました。

 ★まぐまぐ!ページ「明宮旦佳のDelight通信」【リンク】

 次号発行は、12月1日を予定しております。

 延命のリアル体験の特集は、12月15日に完了する見込みで、12月29日は休刊、来年2015年1月12日より新特集で発行する予定です。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット&占星術・グループヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

政府が気に入らない人を監視するのが当たり前、という風潮こそ恐ろしい

 この山本太郎議員の、公安への質問の返事に対し、これがネット右翼と言うのでしょうか、監視されて当たり前、というようなレスが多く付けられていました。

 政府が気に入らないことを言っただけで、監視されて当たり前、という風潮があるとすれば、その方がよっぽど恐ろしいと、何故気付かないのでしょうか。

【動画・テロ関連法案】山本太郎「私は監視対象ですか?」公安「お答えを差し控えさせていただきます」【リンク】

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット&占星術・グループヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

とりあえず野党に入れたくなった

 消費増税一年半先送りなんて、いかにも小手先のごまかしではないでしょうか?

 十年凍結確約ならまだしも。

 こうやって煽られていること自体、マスコミのリーク操作かもしれませんが、前回の自民党圧勝の方が、遙かに悪質な操作だったことが、今回のアベノミクスのボロ出しで分かりました。

 もう一度、野党に掛けてみようかと思っています。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット&占星術・グループヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 066

 私が今回、この検証をしていて、不可思議に感じたのは、私自身で「南朝系藤原氏」の嫌疑を指摘するに辺り、何故そんな時になって天智・鎌足だったのか、という疑念であり、そしてそれが理解できないからこそ、殆どの方は世界陰謀を妄想めいたものと考えるでしょう。

 特に明治維新の場合、大名の中でも薩長土肥という、南朝というよりはむしろ、豊臣方の大名が、南朝正当論を主張する明治政府の中核となりました。

 一方で、実際の南北朝の乱では、後に徳川家の重臣となる井伊家など多くの大名が、南朝方で参戦しながら、北朝朝廷との関係を重視する徳川方につき、太平の時代維持に貢献しました。

 ですので、南朝方の大名と言っても、織豊政権や明治維新時に、積極的に南朝系藤原氏の陰謀に荷担したのは、ごく一部だったと考えられ、大半は北朝系藤原氏と同様に、出し抜かれ置いて行かれたようでした。

 逆に、応仁の乱を誘発した日野氏や、八代将軍徳川吉宗に圧力を掛け、薩摩藩への重圧を止めさせた藤原氏などは、結果的に北朝朝廷の守護者を攻撃しており、むしろ隠れ南朝派と見なした方が良いかもしれません。

 また、それより時を遡れば、孝謙天皇に背いた藤原仲麻呂(恵美押勝)は、新羅への宣戦布告を唱えながら、その過激さが他の藤原氏にさえも嫌われ、反逆罪を受けて朝廷軍と交戦し、戦死しましたが、彼の論調はむしろ、後の豊臣秀吉や、明治政府に近いと言えるでしょう。

 つまり、一口に藤原氏や北朝・南朝と言っても、内紛や裏切りも多く(それすら猿芝居、という危険性も残りますが)、出し抜く者と出し抜かれる者が、その内部ですら交錯しているようにも見えます。

 特に、恵美押勝と、彼を退けて道鏡(物部の末裔)に譲位しようとした孝謙天皇の、双方を退けた藤原氏が、天智の系統である桓武天皇を据えた以降は、国内での非藤原系豪族や庶民への専横を強化する一方で、外交には殆ど無頓着でした。

 ですので、新羅への復讐という、豊臣秀吉や明治政府を操った命題は、数百年の間、藤原氏の中でさえ、忘れられていたようです。

 となると、李氏朝鮮を新羅に見立てて復讐を遂げようという、新南朝派の熱意が高まった契機は、

 1.南北朝の乱で勝者となった北朝が、旧非藤原系豪族の

   流れを汲む独立系武装勢力(後の大名)の意見を取り

   入れた為、南朝の残党が結束を固めるための対立軸と

   して、天智・鎌足の敵討ちを唱えた。

 2.織豊政権時の海外交流により、南朝系藤原氏が宗家で

   ある世界陰謀高家との連絡を回復し、かつての百済を

   再興する野心が高まった。

 この2点が中心だった、と考えられます。

良かったらポチッと押して下さい。


にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 065

 私が本特集「陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略」を組んでいる理由の一つとしては、日本の朝鮮侵略には明らかに、世界陰謀が戦争や民族対立を煽るときのパターンが、含まれているからです。

 それはつまり、日本の朝鮮侵略を再精査すれば、世界陰謀のやり口を解明する糸口になり得る、ということであり、また日本人が侵略行為を正当化するようにマインドコントロールされてきた過程を調べ直せば、日本の立ち直りを図れるのみならず、世界がそうしたマインドコントロールから解放される可能性に繋がるのです。

 要するに、岸田秀教授が精神分析してきた、朝鮮侵略に至る日本の近代精神は、世界陰謀の方法論として再現可能であり、そしてアメリカを中東情勢で振り回す為にも、その方法論が応用可能だと言うことでもあります。

 そしてその過程を知り、日本人が操られたことの愚から、世界陰謀のマインドコントロールの手口を知ることが出来れば、世界平和の実現に近づけるかも知れない、という淡い期待も込めています。

 そして世界陰謀、更に日本の朝鮮侵略の、何が一番の問題点かと言えば、李氏朝鮮という非百済系政権転覆のために、日本をボロ雑巾の様に使い捨てにした勢力が、日本の権力の中枢を担ってきた、という事実です。

 更に言えば、そうした勢力の中にも、過激派と穏健派の内部分裂が生じたこともありますが、日本人にとって今一番の問題は、明治維新以降は過激派が主流となり、太平洋戦争の敗北や、その後の政治腐敗や、格差拡大などが生み出されてきたということです。

 ですので、歴史的に見ても、全ての藤原氏、あるいは南朝に属した武将達が悪、という訳ではなく、その中でも過激派が、日本人を再び使い捨てにしようとしていることが悪なのです。

 そしてその過激派の関心は、専ら朝鮮半島の旧王国である、百済のみに注がれており、かつて天智天皇・中臣鎌足(豊璋王子)が、新羅への報復の為に「白村江の戦い」に参戦した様に、その目的と権勢欲の為なら、再び日本人を使い捨てにすることを厭わないことが予想されます。

 つまり例えば、日本を韓国の引き立て役にするために、徹底的に経済破壊を行ったり、過激な論調を煽ることも考えられますし、また人類にとって致命的な何かの欠陥が発生した場合、それがアメリカやロシア、中国の責任ではなく、実は日本が悪いというアリバイを創るかも知れません。

 そして豊臣秀吉の朝鮮出兵も、明治維新以降の朝鮮侵略も、どちらも日本人が悲惨な形で使い捨てにされましたが、それを首謀した権力者達は、実は自分たちは百済人だという意識に凝り固まっていたからこそ、同族ではない日本人を使い捨てに出来たのです。

 また、一部で言う「レプティリアン」理論で言えば、その者達は特別な存在で、他の全人類には元々、何の同族意識もありません。

 そうした勢力のやり口を知り、これ以上の再発を防止するためにも、日本人は何故、朝鮮侵略などという愚挙をさせられたのか、きちんと振り返る価値はあると信じています。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット&占星術・グループヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 064

 「日本の朝鮮侵略」と聞いて、明治政府の苛烈な外交方針に影響を及ぼした書として、水戸徳川家の秘蔵書「水戸学」を挙げる方も多いかと思われます。

 ここに書かれている内容を元に、徳川家康は天下統一後、南朝の王子を擁立して徳川家は下野し、李氏朝鮮討伐を再開するつもりでいた、という説も唱えられているようです。

 しかしながら私はむしろ、武家政権の潜在的な敵「南朝」の心情分析を行った結果が、後世に倒幕に利用され、曲解されたと考えています。

 事実、江戸幕府は北朝系皇室との関係を重視し、李氏朝鮮と早期に和解しています。

 また、豊臣秀吉が明や李氏朝鮮への出兵を提唱した際、黒田勘兵衛ら豊臣政権の一部の重臣たちが、当初から強く反対していたことも知られています。

 つまり徳川家康は、無益な海外侵略を望まず、内需に専念したいという、大方の大名の本音を受け止める形で、天下統一を果たしたと言えます。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット&占星術・グループヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

これが地方行政を悪くしている認識の正体か

早雲氏ブログ「晴耕雨読」

「いまカネになるなら50年後に生まれる子供が全部カタワモノでもかまわない、元敦賀市長の暴言」

 こういう認識が、もし地方に広がっているのだとしたら、原発のための原発による亡国政治が、まかり通ってしまっていることになります。

 利権のための利権が、バブル経済崩壊を始めとするツケを、後世に残してきている今、その総括をするべきときに、この発言では、日本の先が思いやられます。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット&占星術・グループヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

『明宮旦佳のDelight通信』第24号発行しました

 『明宮旦佳のDelight通信』第24号、特集「延命について:私の実体験06」、只今発行しました。

 今回は、昨年6月、入院から1ヶ月半のところで、父が危篤に陥った経緯を書きました。

 ★まぐまぐ!ページ「明宮旦佳のDelight通信」【リンク】

 次号発行は、11月17日を予定しております。

 延命のリアル体験の特集は、12月15日に完了する見込みで、12月29日は休刊、来年2015年1月12日より新特集で発行する予定です。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット&占星術・グループヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

陰謀史観から逆読みする、千利休の正体

 今朝のNHKで、千利休の番組があったので、ふとこの記事投稿を思い立ちました。

 ご存じの通り、千利休は堺の茶人で、当時堺は自治権を持っていたものの、後に自治権を放棄、そして千利休は一時、豊臣秀吉のアドバイザーだったものの、秀吉の朝鮮出兵に苦言を呈した辺りから関係が悪化し、切腹を命じられました。

 そもそも堺の自治権を認めたのは、室町幕府であった訳ですが、その背景には瀬戸内海の海賊「海の民」が、足利尊氏・北朝の「南北朝の乱」での勝利に貢献した、という事実があったと言えます。

 そして瀬戸内海、大阪とも、古代は物部氏の地盤という点で共通していることから、かつて藤原氏に中央から追われた物部氏が、足利尊氏・北朝の勝利に際し、経済拠点として堺での自治を認めさせた、という推測が成り立ちます。

 と考えると、千利休が豊臣秀吉の朝鮮出兵に反対したのは、かつて天智天皇と中臣鎌足が「白村江の戦い」出兵のために、蘇我氏・物部氏などの同胞を虐殺した事に対する、苦い記憶故の発言だった可能性が浮上します。

 対する石田三成は、朝鮮出兵を秀吉に唆した張本人でしたが、彼の地盤は彦根で、こちらは天智・鎌足の地盤であった、大津京との関連を匂わせます。

 つまり、千利休が朝鮮出兵に呈した苦言は、朝鮮半島への不正軍事介入を望まない非藤原系旧豪族と、天智・鎌足の新羅への恨みを引きずりながら潜伏し、李氏朝鮮を新羅に見立てての復讐を望む南朝との、暗闘だった可能性があります。

 更に、関ヶ原の合戦の後、徳川家康が彦根を井伊直政に与えたのは、最も信頼の厚い井伊家に、近江や彦根に潜伏する南朝派を監視させることも、意図していたかも知れません。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット&占星術・グループヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

陰謀史観が暴く、鬼の正体

 陰謀史観とは、ある固有のシナリオを持った強大な勢力が、背後で政財界や歴史、文化や情報などを操り、自分たちの目的を達成するために、人類を利用している、という分析学です。

 そして人類を操作し、それに人類自身があたかも気付いていないかのように思い込ませる為に、宗教の名を借りて、その奥に潜んだ良心の呵責につけ込んでいることが、逆に今日までの戦争や残虐行為などを刺激してきました。

 そしてその中でも、最も根本的なもの、それは例えば日本人が、現在「鬼」と呼ばれる人々から買った恨みでしょう。

 そして現在の人種や国籍問題、例えば朝鮮侵略などを見ると、そもそもは百済の支配階級が、鬼と呼ばれた人々に対して抱いた差別意識を、日本の天皇史観として正当化したことが、道理がちぐはぐになった為に、発生した事件でもあります。

 つまり、中東でエブス人と呼ばれた、ネアンデルタール人の血が混ざった人種を、ユダヤ人の特権階級が隷属させ、朝鮮半島の植民地だった百済に連れてきたのが、ユダヤ人(百済人)に反乱して独立し、現地のモンゴロイドと混血し、新羅を建国したと考えれば、百済人が藤原氏として日本の特権階級に君臨し、新羅への恨みを日本の史観として植え付けてきた、強い動機だと言えます。

 また当然、エブス人たちが日本のネアンデルタール系古モンゴロイドと混血し、それがアイヌなどになっていった可能性も指摘できます。

 つまり鬼とは、ネアンデルタール人への差別用語だったかも知れず、そしてその背後には、クロマニヨン人による大虐殺という罪悪が隠れているのかもしれません。

 そしてそれはもちろん、アダムとイブに隠された、本当の原罪なのでしょう。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット&占星術・グループヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »