« 日本は原発利権の植民地 | トップページ | 国民としては、とにかくやるしかなくなった »

2014年12月 7日 (日)

汚職は常識と言ってのけるゲンパツノミクス政権

 今回の選挙の直前、汚職問題で辞職した議員にとって、今回はみそぎ選挙と言えるでしょう。

 しかしながら、自民党がその議員だけをその地元から出馬させるなど、明らかにその議員だからこそ受かる、というポーズを見せ、国民に無力感を植え付けよう、という意図が見えます。

 こんなゲンパツノミクス政権の悪意に釣られたら、日本は本当に壊されてしまうでしょう。

 そうです、こうした「汚職は政治家にとって常識」という悪を既成事実化しようという目論見こそ、原発利権を増長させたものでもあります。

 そして日本人の富を搾取するシステムは、明らかに原発と大手企業そして官僚が癒着した、原産複合体を中心に回っています。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット&占星術・グループヒプノは DelightChannel へ。

|

« 日本は原発利権の植民地 | トップページ | 国民としては、とにかくやるしかなくなった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/60773191

この記事へのトラックバック一覧です: 汚職は常識と言ってのけるゲンパツノミクス政権:

« 日本は原発利権の植民地 | トップページ | 国民としては、とにかくやるしかなくなった »