« 期日前投票の利点 | トップページ | 日本は原発利権の植民地 »

2014年12月 5日 (金)

オバマのずれた安倍政権への喝

 オバマが最近「安倍政権が消費税を10%に出来なかったのは、世界経済にとっての失策だ」と言っていましたが、果たしてアメリカ大統領がそれでいいのか、という問題があります。

 ぶっちゃけ、他にもロシアや中国、インドを当て込むことも出来るでしょうし、大体アメリカ自体が、自分が世界経済を牽引すると明言できないって、問題ではないでしょうか。

 しかもこの発言、日本の有権者を「消費税上げないと、アメリカが怒る」と踊らせて、安倍政権を応援したつもりでしょうか?

 あるいは、気骨のある浮動票なら、その発言のおかしさに気付いて、日本の富を吸い上げる原発利権に抵抗するべく、野党に投票しようと、思い切れるかも知れません。

 大体考えてみれば、原発関連の企業が、自民党に巨額献金をしている、というニュースも、庶民にはもうどうしようもないんだ、というイメージで脅して、自民党に入れさせようとする、マインドコントロールです。

良かったらポチッと押して下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット&占星術・グループヒプノは DelightChannel へ。

|

« 期日前投票の利点 | トップページ | 日本は原発利権の植民地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/60762980

この記事へのトラックバック一覧です: オバマのずれた安倍政権への喝:

« 期日前投票の利点 | トップページ | 日本は原発利権の植民地 »