« 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 073 | トップページ | 消費増税+マイナンバー+TPP=人体実験 »

2015年8月20日 (木)

陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 074

 先日振り返ったように、島原の乱には明らかに、反徳川幕府を明確に打ち出した、テロ戦争という側面がありました。

 元凶とされた松浦家と寺沢家は、反乱軍鎮圧後とはいえ、処罰により改易されたので、実質的敗戦と言えるでしょう。
 そして九州の殆ど全ての有力大名たちが、幕府軍として参戦していながら攻めあぐねたというのは、単なる一揆を超えて、明らかに強過ぎです。
 そしてここで気になるのは、当然の如く反乱軍に参戦した浪人たち、つまり旧豊臣家臣の大名が、実は日本の庶民を顧みない残虐な覇権主義者だった、という事実です。
 特に最悪だったと、ポルトガルやバチカンの公式記録にも書かれていたのが、キリシタン大名の代表格、高山右近でした。
 豊臣秀吉が高山右近を改易し、国外追放した理由は、50万人とも言われる日本女性達を、女性一人につき火薬一樽という交換レートで、海外に人身売買し、戦力を蓄積していたからでした。
 そしてこのときの武力や資金が、石田三成や小西行長ら、関ヶ原西軍の戦力となったと考えられることから、島原の乱でも使用された可能性は高いでしょう。
 そして島原の乱でも、反乱軍への参戦を強要された農民もいましたし、市内では略奪を受けた商家もありました。
 つまりキリスト教的とか、農民解放といったモラルは、ある程度無視されたテロ戦争だった、と考える方が自然です。
1日1クリック、ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット&占星術・グループヒプノは DelightChannel へ。

|

« 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 073 | トップページ | 消費増税+マイナンバー+TPP=人体実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105191/62121876

この記事へのトラックバック一覧です: 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 074:

« 陰謀史観で振り返る、日本の朝鮮侵略 073 | トップページ | 消費増税+マイナンバー+TPP=人体実験 »