« 成田空港の体たらくは日本の官製「おもてなし」崩壊の象徴 | トップページ | サウジアラビア石油コンビナート炎上事件に騙されてはいけない »

2019年9月16日 (月)

消費増税の本当の品性

 消費増税と軽減税率の複雑怪奇な組み合わせ、その本質は愚民政策にあります。

 消費税を8%から10%に引き上げ、更に複雑怪奇な軽減税率を導入する。

 その複雑さ故に、長年のビジネスを閉鎖する中小企業も多いと聞きます。

MAG2 NEWS『恩着せがましい「軽減税率」を「天下の大悪法」と断言できる理由』【リンク】

92d282ba78ad08d40c6a19562c3534cd_l  そしてそこには当然、その処理ミスからのクレームなどのストレスが、小規模企業に大きなストレスとなるという不安があります。

 それを更に消費者の立場で言えば、私たちは何十円かの会計を巡り、小売業者にクレームをつける国民性に変えられてゆく、ということです。

 ズルをされれば当然、たとえ数円といえども屈辱感が残るでしょう。

 しかしながら、ミスであった場合でも、やがてクレームになってゆく、それこそが消費増税と軽減税率が、日本人の品性を破壊するシステムといえるのではないでしょうか。

 つまりは、その処理の数円のミスのために、小売店の女の子や外国人そして老人を怒鳴りつける若者や主婦、更にはそれに乗じて威張りちらすといった醜態を、日本人が晒す恐れがあり、それが小売業者を事業閉鎖へと追いやっている恐怖なのです。

 更に言えば、日本人はせこくて意地悪な貧乏人であることを、国民に刷り込むと同時に、対外的にも喧伝するキャンペーンともいえるのです。

 つまりアベノミクスとは、藤原氏とその手下たちが、日本国民を重税や防人制などで搾取した時代への、逆行なのです。

 そして庶民の収入減少と、権力側の内部保留がかつてない程の額に達しているという事実から、アベノミクスが勝ち組を豊かにするためというよりはむしろ、普通の人たちを貧しくするための政策だといえるのではないでしょうか。

|

« 成田空港の体たらくは日本の官製「おもてなし」崩壊の象徴 | トップページ | サウジアラビア石油コンビナート炎上事件に騙されてはいけない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 成田空港の体たらくは日本の官製「おもてなし」崩壊の象徴 | トップページ | サウジアラビア石油コンビナート炎上事件に騙されてはいけない »