書籍・雑誌

2013年2月 5日 (火)

実業家や政治家の方も使っているらしい

明宮旦佳 2月5日のヘッドライン

****************************************************
政治と人権『実業家や政治家の方も使っているらしい』
ヒプノと癒し『へびつかい座がもたらす真の革命2』
クリエイティブ『インスピレーションの源泉』 ****************************************************
今回は、DelightChannelとの連動企画で、書籍を一つ紹介します。
 こちらは、実業家や政治家の方にも愛用者が多いという、太陰暦ベースの手帳・日記帳です。
こちらを使っていると、直感力が養われるという評判です。
 続く二冊は、太陰暦とも関係ある、オリエント神話の本です。
 日本の古事記で人気のある、素戔嗚尊や大国主のような、福の神が主人公の、雄大な神話です。
♥♥♥ココロの万病の元、インナーチャイルドの傷を癒してみませんか♥♥♥
【お客様のご感想】
「とってもはっきりしたビジョンが浮かんできて、おかげでスッキリしました。」 「(講演)途中から参加で、過去生がバッチリ出てきました。」(「ヒプノフェスタ2011」アンケートより)
「結婚できるかもしれないと希望が湧きました。」
★解決法がズバリ「タロット・占星術」
★心イキイキ「感情解放・ヒプノ」
★気分スッキリ「レイキ・エネルギーワーク」
30分 3,800円〜
詳しくは、
にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

書評:あなたもいままでの10倍速く本が読める

あなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール・R・シーリィ 著
神田昌典 監訳
フォレスト出版 刊

 前回取り上げたドラマ『キイナ 不可能犯罪捜査官』で、菅野美穂演じるヒロインが、まさしくこれをやっていた。

 滋夢童も、望月俊孝先生のところでフォトリーディングを受講して以来、望月先生のセミナーに時折参加し、覚えられてしまったが、そのときもこの本をメインテキストにしていた。

 この本にはフォトリーディングの仕組みや、その実際、そしてそこで得た知識を活性化する基本が書かれている。

 この本一冊でも、必要なことは分かるようになっているが、さらに講座などを受講されると、より分かり易い。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月27日 (火)

書評:暴かれた911疑惑の真相

暴かれた911疑惑の真相
ベンジャミン・フルフォード 著
扶桑社 刊

 911が公式発表通りのものではないことは、もはや周知の事実だ。

 その疑惑の様々な証拠や、貿易センタービル倒壊そのものの不審さなどを検証した一冊。

 最近の関連書籍では、それを企んだ組織に関する、一見怪しげな説が乱立しているが、この本を読んで改めて、その組織が少なくとも、私たちが言うところの「正気」の連中ではない、と確信した。

 私が考えるに、その組織は:

 ・アメリカそのものも含め、自分たちが寄生する全ての国家に忠誠心が無く、むしろ各々の国家を、それを最も軽蔑し、嫌悪する層の人間たちに支配させようとしている。

 ・おそらくユダヤそのものやフリーメーソンのような、有名組織はただの見せ札で、本体はそれらの殆どの正員が与り知らず、ブッシュ政権のメンバーすら、その全容を熟知しているか疑わしい。

 ・三大一神教の崩壊を目論み、そのためにキリスト教側のスキャンダルを蓄積してきた(911は最終段階)。

 ・(これはあくまで最悪の恐れだが)三大一神教崩壊後、「文明の衝突」の軸を「共産主義=無神論 対 多神教」に入れ替える恐れがある。

 ・上記の目的のため、特にキリスト教を、盲目的熱狂 から 無神論的しらけムード へと、誘導して来た痕跡がある。

 ・三大一神教、特にキリスト教崩壊のメインターゲットは、今最もキリスト教棄教があり得ない、と思われている層、つまり保守層だと言える。

 ・上記の目的のため、911やアフガン・イラク戦争、そして近年の経済情勢が、キリスト教が保守的価値観を守らない、というイメージ戦略になっている。

 ・「保守派の価値観も意外と簡単に入れ替わる」伏線として、アメリカでは南北戦争後、南部保守派の立場を代弁する政党が、民主党から共和党に入れ替わっている。

 ・最近の大手企業救済が、「アメリカの共産主義化」として、白人貧困層を中心とする保守派から批判されているが、ここで共産主義という言葉に改めて焦点が当たること自体に、策動が見える。

 ・本来、共産主義は白人貧困層に好都合に作られた思想であり、ソ連の圧政はまさしくその実現といえるが、近年の策動は、それを白人貧困層に再提示し、彼らの支持政党の再入れ替えにつながる。

 私にしても無論、その組織の1000分の1も知らない。

 「エイリアン説」についても、何の確証もない。

 ただ、私が歴史や最近の情勢、そして本書を含む参考資料から察することができたのが、以上だ。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

書評:催眠トラベル

Saimin_travel 催眠トラベル
青木勇一郎 著 / アルマット 刊
978-4-77731-240-4

 催眠で見えるビジョンを、分かり易く紹介した一冊。

 催眠に関する誤解や、催眠で見えたビジョンの実例が紹介され、特に退行催眠の中でも、最も高い関心を寄せられている、前世(過去生)が紹介されている。
 また、ビジョンが自分で見えるかどうか不安な方へのヒントも書かれている。

 プチ体験CDも付属しているので、自己催眠にトライしたい方にもお勧め。

 立宮知佳もこのCDで体験しました。
 体験談は本日23時50分配信予定の、『立宮知佳のDelight通信』第3号でご確認ください。
 今回紹介する前世は、クリスマス記念で二本立てになっています。 
 前世、そして退行催眠がどんな感じか、ご興味がおありの皆様に、併せてご愛読頂ければ幸いです。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

書評:裁判員制度の正体

裁判員制度の正体
西野喜一 著者 / 講談社 刊
ISBN:978-4-06-287903-3

 裁判員制度の施行が半年後に迫る中、元判事が憲法そして人権と照らし合わせ、検証した書籍。

 裁判員制度について、以下の点が分かり易く書かれている。

*法制度としての成立過程そして妥当性

*犯罪捜査に及ぼす影響

*犯罪被害者、裁判員のプライバシーや、労働等の基本的人権に及ぼす影響

*思想としての安全性

 そんなに厚くも高くもないので、《裁判員制度に安易に合意する前》に、一度読まれてはいかがでしょう。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

書評:タロット解釈実践事典

タロット解釈実践事典
井上教子 著 / 国書刊行会 刊
4-336-04259-4

 立宮知佳のタロット・西洋占星術研究の仲間で、長いキャリアと高い定評を持つ占い師、ステラ・マリス・ナディアさんが、ご自身の経験を盛り込んで完成させた、ハイレベルなタロット学習書。

 78枚の大小アルカナの解釈や、代表的なスプレッドの使用法はもちろんのこと、西洋占星術にも通じるオカルトの基礎も盛り込まれ、この一冊を元に、タロットを通じてオカルトを学ぶことが可能になっている。

 本書では、近代タロットの礎と言えるウェイト版が、その真意にまで掘り下げて解釈されている。

 初心者には、いささか難易度が高い書物にも見えがちなので、最初に大アルカナのみを重点的に学び、習熟したところで小アルカナに進むことをお勧めする。

 全てのタロット占い師、オカルト学習者が、手元に置く価値のある一冊。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

書評:ものぐさ精神分析

『ものぐさ精神分析』
ISBN 4-12-202518-4
『続ものぐさ精神分析』
ISBN 4-12-202519-2
岸田 秀 著 / 中公文庫 刊

 立宮知佳が心理学を学ぼうと志したきっかけ。

 日本そして世界の近代史、特に現在のアメリカの狂気を説明する上で、欠かせない論文などが多数収録されている。

 世界の最も複雑な原理や、高尚な思想芸術の背後にある、強迫観念や壊れた衝動が、分かり易く解説されている。

 心理学やカウンセリング、世界情勢などを学ぶ人にとって、必携といえる価値ある本。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月31日 (金)

書評:愛されくびれをつくるスピード7法則

『愛されくびれをつくるスピード7法則』
久永 陽介 著 / WAVE出版 刊
ISBN 978-4-87290-336-2

 立宮知佳の退行催眠の際、クライアントが肩こりや腰痛でリラックスできない時など、この本を参考に、ストレッチしております。

 女性のダイエット主体のタイトルですが、男のメタボ対策や、肩こり・腰痛にも有効。

 巻末に、健康生活のポイントが分かり易く書かれているので、基本的なストレッチと併せて、健康増進がお手軽に計れます。

 何事も、滞りと歪みを解消することがポイントだと教えてくれる一冊。

関連サイト

オアシスグループ

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

書評:アートセラピーワークブック

『ワタシらしさが花ひらく アートセラピー ワークブック』
柴崎 千桂子 著
BABジャパン 編
ISBN 978-4-86220-323-6

 アートセラピーって何? という方の疑問にお答えする一冊。

 気軽にトライできるアートセラピーのワークが、12項目23点(うち一点は三部構成)収録されている。

 これは表現療法全般に言えることだが、絵の上手い下手はまったく気にしないで、気軽にトライするのがポイント。

 「こんな気分になりたい」ときに使えるワークも多く、他の心理療法に通じるワークもあるので、とりあえず自宅で試してみたい方に最適。

 立宮知佳も退行催眠の際、クライアントがビジョンをより見易くなるよう、ワークを行う場合があります。

 より詳しく知りたい方は、無料もしくは廉価の体験セミナーも多くなっていますので、一度参加してみてはいかがでしょう。

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

書評:人間モーセと一神教

モーセという男と一神教(全集22-1、渡辺哲夫訳、2007)
人間モーセと一神教(フロイト著作集11-271、人文書院、小此木啓吾訳、1984)
モーセと一神教(ちくま学芸文庫、渡辺哲夫訳、2003)

 滋夢童が宗教問題を考える原点となった一冊。

 旧約聖書の「神」のおおらかさと、「ヤハウェ」の残虐性が、二つの異なる宗教に立脚していることを認めた論文。

 フロイトはユダヤ人の裏切り者として叩かれ、宗教保守派から憎まれたが、宗教問題の原因を解明した意義は計り知れない。

 冗長で読み疲れするかもしれないが、論旨は明確で、宗教と神話の関係、そして三大一神教の問題を知る手がかりになる。

 ご興味がおありの方は、以下の書籍も併せてお読みになられては、いかがでしょう。

岸田 秀
『一神教 vs 多神教』
新書館、2002年
ISBN 4-403-21079-1

グレアム・フィリップス
『消されたファラオ』
朝日新聞社、1999年
ISBN 4-02-257340-6

リチャード・エリオット・フリードマン
『旧約聖書を推理する 本当は誰が書いたか』
海青社、1989年
ISBN 4-906165-28-1

★★★「自分を変えたい」あなたへ★★★

【退行催眠 感想】
 「みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。」
 「やっと自分のやりたいことに向き合えます。」
 「また近いうちにお願いします。」
 「結婚出来るかもしれないと、希望が湧きました。」
 「おかげで気持ちをリフレッシュでき、新たな気持ちで向き合えます。」
 「ようやく自分の中で腑に落ちました。」
 「自分で前世は見えないと思っていたけど、ふっと目の前に現れて、驚きました。」
 「本当は家族を持ちたい願望があったことに気付いた。」
 「今後、何かの時にフイに気づきとして、教えのメッセージとして入ると思います。とても興味深かったです。」

退行催眠と多角的ラポールによる「ハーモニック・ヒプノ」
東京都内および近郊にて、ご提供致します

詳細、ご予約、お得な情報、無料メルマガ「立宮知佳のDelight通信」ご購読は、立宮知佳のサイト

または携帯版

| | コメント (0) | トラックバック (1)