歴史・経済・政治・国際

2018年11月 1日 (木)

本当は少子高齢や消費増税より深刻な問題があるのではないか?

久々の政治・歴史ブログ発言ですが、

さっきふと思い至ったことです。

昨今でも、

少子高齢や消費増税が問題として叫ばれ、

今後の景気悪化が懸念されています。

しかしながら、

それらは表面的な問題で、

本当の問題はその奥になるのではないか、

そんな漠然とした不安があった方々も多いでしょう。

そして私が漠然と不安に思ったこと。

例えば駅前のコンビニの連鎖倒産とか。

つまり消費のための消費を無理やり回している現在の経済システムが、

実は既に老化の極みに達しているのではないか。

少子高齢も消費増税も、

その経済システム自体の老化から派生した問題、

あるいはその延命策に過ぎないのではないか、

今の行き過ぎたとにかく消費を煽るための社会経済制度に、

そんな不安を感じました。

消費増税の逆累進性が問題なのは、

貧しいほど負担が重くなる制度であり、

貧富の差を拡大する点です。

もう一歩突き詰めていれば、

新しい身分制度としての貧富を固定する、

さらに言えば金持ちを定義する制度ではなく、

むしろ貧者を設定するための制度であることが問題です。

そしてその問題は実は、

あらゆる身分制度にも内在していました。

つまり勝ち組・負け組を固定するための制度。

そしてそれをごまかし、

それでも社会を回すはずだった経済システムという制度自体が、

実は極度に老化していて、

回らなくなる寸前かもしれないという漠然とした不安は、

実は21世紀の世界の命題になっていたのではないでしょうか。

それは「平和ボケ」日本ではそれこそコンビニの連鎖倒産といった、

経済崩壊として出るかもしれませんし、

またタカ派の国は他の「独裁国」に戦争をふっかけることで、

お茶を濁してきたのかもしれません。

日本で資本主義経済が「老化」している実例としては、

受験では「勝ち組」のはずの人々(特に女性)が、

卒業後の就職事情の悪化から奨学金返済に苦しんだ挙句、

不本意な就業状況に苦しんでいる実情が挙げられるでしょう。

特に女性の場合、高学歴で風俗嬢という、顕著な形で現れています。

この例を宗教的に表現するならば、

受験・学歴という、高度経済期そしてバブル経済を支え、

エリート幻想の中核となってきた「唯一絶対の神」が、

必ず高収入なエリートにふさわしい職に就けるという、

「神の威光・奇跡」を失いながらも、

それでも人々が受験・学歴への信仰は失われない。

実はその制度自体が、

戦後という短い寿命の中で極端に消費され、

老い先短くなっている。

そんな不安は今、

どこに向かおうとしているのでしょうか?

それは私たちの命題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

ボコ・ハラムって

 特集をちょっとお休みして。

 最近、少女250人以上を拉致監禁したとしてニュースになっている、ナイジェリアのイスラム過激派「ボコ・ハラム」。

 名前の意味は「欧風(欧米)化・ヨーロッパ式の教育」と「罪」とのことです。

 それをもっと、日本人がぶっちゃけて訳すと「鬼畜米英」になってしまいますが、欧米に追い詰められているという被害者意識の行き着く先は同じ、ということでしょうか。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

安倍首相の発言の恐怖

 ちょっと本日は連載をお休みして、どうしても気になったニュースから。

 安倍首相の対中国・北朝鮮発言は、かつてのABCD包囲網的な、はじめに戦争ありきに聞こえる発言で恐ろしい。

 軽はずみに好戦ムードを煽り、憲法解釈をねじ曲げてまで、アメリカの対イラン戦やシリア戦の泥沼に、日本を陥れたい首相は、今すぐ退陣してもらうしかないのですが。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

雅子妃殿下が皇室行事を嫌う理由

 雅子妃殿下が皇室行事を嫌う理由には、いろいろな説が出ています。

 一つは、元々日本的な格式が嫌い、という見方。

 一つは、他の皇族や、宮内庁官僚との確執。

 一つは、公人としてのストレスですが、海外との行事は楽しくこなされているので、むしろ国内行事の方がストレスが多いと見られます。

 そして一つは、一部の皇室独自祭祀への嫌悪という見方。

 これはむしろ、天照大神神道が秘めた陰の部分ですので、むしろ当方の占い・スピリチュアル・神話ブログ「DelightChannel」の扱いとなります。

 そして皇室の本当の成り立ちや、それを背後で維持するために起こってきた事件の真相を知ってしまった、という見方も。

 いずれにせよ、これは日本史のあり方に関わる問題ですので、明日以降はしばらくの間、その成立に関わる問題として、日本史の成立と隣国間の歴史について、そしてそれを巡り、日本が一部国内勢力によって如何に操られてきたかを、掘り下げていきます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

TPPはアメリカの商法に違反

 TPPで関税撤廃と共に言われているのは、産地表示などの廃止です。

 国産のものを安心して買いたい人にも、当てずっぽうで米国産肉を買うことを強要することです。

 これは過当な価格競争で、安いものを売ってマーケットを独占しようとするダンピング、独占禁止法に抵触するのではないでしょうか。

 さらに、産地表示などを規制すると言うことは、ブランド化によるマーケティングに規制を掛けるということで、当然アメリカが確立して国際競争してきたビジネス手法に対する否定でもあります。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

【明宮旦佳からのお知らせ】
タロット・前世ヒプノは DelightChannel へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

この人達は結局、今どういうつもりなのか

日経新聞【小泉・細川両元首相、「原発ゼロ」へ社団法人】

 小泉と言えば、郵政民営化のワンフレーズ選挙で圧勝し、その後の格差社会を悪化させた張本人。

 もしかして、本気の反原発と言うよりは、それを茶化しているのだろうか?

 それともアメリカから、原発利権の官僚解体を命じられたのか?

 それとも、そういう背後に嫌気がさして逆らっているのか?

 あるいは、原発から他の何かに、利権が動こうとしている兆候なのだろうか?

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


♥♥♥タロット・前世療法【お客様のご感想】♥♥♥

「とってもはっきりしたビジョンが浮かんできて、おかげでスッキリしました。」
「(講演)途中から参加で、過去生がバッチリ出てきました。」(「ヒプノフェスタ2011」アンケートより)
「結婚できるかもしれないと希望が湧きました。」

★あなたに必要な解決策をズバリと導き出すタロット
★あなたが知りたい本当の自分・才能に目覚める前世療法

詳しくは、
DelightChannel
PC・携帯・スマホ全て同じアドレスでご覧頂けます

歴史・経済・政治・国際 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

当たり前、という倒錯

 今回の、ナイジェリアでの少女誘拐は、一つの文化の押しつけが、重篤な被害をもたらす悲劇です。

ナイジェリアでさらに少女8人拉致、米は専門家チーム派遣

 一つの文化にとって当たり前の価値観が、押しつけられる側には非常識きわまりないことは、実は人類はこの数千年の間、理解できていなかったと言えます。

 しかしながら、少女達の解放を願う私たち自身の側にも、後ろめたい歴史があるのではないかと、ふと不安になります。

 (皮肉なことに、岸田秀教授の分析では、アメリカがそうした後ろめたさを抑圧するために暴走を繰り返す、最悪の事例なのですが)

 何はともあれ、正直なところ、一刻も早い少女達の解放を願います。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


♥♥♥タロット・前世療法【お客様のご感想】♥♥♥

「とってもはっきりしたビジョンが浮かんできて、おかげでスッキリしました。」
「(講演)途中から参加で、過去生がバッチリ出てきました。」(「ヒプノフェスタ2011」アンケートより)
「結婚できるかもしれないと希望が湧きました。」

★あなたに必要な解決策をズバリと導き出すタロット
★あなたが知りたい本当の自分・才能に目覚める前世療法

詳しくは、
DelightChannel
PC・携帯・スマホ全て同じアドレスでご覧頂けます

歴史・経済・政治・国際 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

これは地球全体に影響があるかもしれない

 今日の気になったニュースです。

サンパウロで史上最悪の記録的な干ばつ。ビール生産にも影響か

 これは地球全体の気象状態が、千年前、いや百年前以上に、大きな寒気と暖気のブロック状ではなく、より細かいパッチワーク状になり、その中で激しく変動しやすくなっていることの、兆候かも知れません。

 ということはもしかしたら、広島・長崎の原爆投下にしても、こうした気象以上の連続に、何らかの影響を与えた危険性が、決してゼロではないでしょう。

 あそこではその瞬間、一万度以上の高熱が発生したので、例え局地的といえども、それだけの熱量が瞬時に発生すれば、その後の気象に少なからぬ影響を与え、世界規模でも何かを歪めてしまっても、決しておかしくありません。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

♥♥♥タロット・前世療法【お客様のご感想】♥♥♥

「とってもはっきりしたビジョンが浮かんできて、おかげでスッキリしました。」
「(講演)途中から参加で、過去生がバッチリ出てきました。」(「ヒプノフェスタ2011」アンケートより)
「結婚できるかもしれないと希望が湧きました。」

★あなたに必要な解決策をズバリと導き出すタロット
★あなたが知りたい本当の自分・才能に目覚める前世療法

詳しくは、
DelightChannel
PC・携帯・スマホ全て同じアドレスでご覧頂けます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

女工哀史と高度成長期は、現在も続く

 結局、日本の雇用は、社員を使い捨てにし、消費することで成り立ってきたということだろうか。

 高度成長期の過労死サラリーマンは、果たして『女工哀史』や『蟹工船』と、どう違ったのだろうか。

 その悲惨なピラミッド意識は、日本の風土とも言えますが、上のために下が消耗し尽くすのが常識、と見なす固定概念が、セクハラやパワハラを、利権の如く生み出してきた土壌でもあります。



にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

♥♥♥タロット・前世療法【お客様のご感想】♥♥♥

「とってもはっきりしたビジョンが浮かんできて、おかげでスッキリしました。」
「(講演)途中から参加で、過去生がバッチリ出てきました。」(「ヒプノフェスタ2011」アンケートより)
「結婚できるかもしれないと希望が湧きました。」

★あなたに必要な解決策をズバリと導き出すタロット
★あなたが知りたい本当の自分・才能に目覚める前世療法

詳しくは、
DelightChannel
PC・携帯・スマホ全て同じアドレスでご覧頂けます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

女工哀史は現在も変わらない雇用意識の象徴

 それこそ現在のドラマ『花吹舞が黙ってない』あたりでも扱っていますが、銀行のような意外と知的なイメージの企業でも、パワハラで女性社員を辞めさせたりは、以外と横行しているのかもしれません。

 それ以上に「男のくせに」といった一言で、男性社員も徹夜当たり前の酷使を受けたり、不当な料の残務整理を帰宅直前に渡されたりといった、パワハラ酷使もまだまだ残っているのかも知れません。

 『女工哀史』は、近代日本が明治以来、その状態を卒業できていないという事実の象徴でしょうか。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

♥♥♥タロット・前世療法【お客様のご感想】♥♥♥

「とってもはっきりしたビジョンが浮かんできて、おかげでスッキリしました。」
「(講演)途中から参加で、過去生がバッチリ出てきました。」(「ヒプノフェスタ2011」アンケートより)
「結婚できるかもしれないと希望が湧きました。」

★あなたに必要な解決策をズバリと導き出すタロット
★あなたが知りたい本当の自分・才能に目覚める前世療法

詳しくは、
DelightChannel
PC・携帯・スマホ全て同じアドレスでご覧頂けます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧